発売が延期されていた

サムスン、折りたたみスマホ「Galaxy Fold」を9月発売。ヒンジ部など問題点を改良

編集部:平山洸太
2019年07月25日
サムスンは、折りたたみが可能なスマートフォン「Galaxy Fold」を9月より発売すると発表した。

「Galaxy Fold」

当初は4月26日からの米国発売が予定されていたが、「普通に使っていただけでヒンジ部がふくらんで破損した」「剥がすべきではないディスプレイの保護層を剥がしてしまう」という報告が、先行で使用したレビュアーから散見。これにともない発売が延期されていた。

今回の発売決定に際し、先述した問題に対して改善を行ったと同社は説明。保護層については剥がすことを意図していないと説明しながらも、ベゼルを超えて拡張。ヒンジの上部と下部には、新たにプロテクトキャップで保護するといった改善が施されている。

またヒンジと本体間のスペースも縮小。さらにディプレイを保護するため、ディスプレイの下層には金属層も設けたという。

これらハードウェア的な改善に加え、折りたたみスマホのUXに適したアプリ/サービスの最適化など、ユーザーエクスペリエンスの向上を続けているとのこと。現在は9月の発売に向けテストを重ねており、発売日に近づくごとに詳細を明らかにするとしている。

関連記事