HDR10にも対応

BenQ、Type-C搭載の写真/映像向け27型モニター「SW270C」。Adobe RGB/DCI-P3に対応

編集部:平山洸太
2019年07月24日
ベンキュージャパンは、写真・映像向けシリーズ “AQCOLOR” より、ハードウェアキャリブレーション対応の27インチ液晶モニター「SW270C」を8月8日に発売する。価格はオープンだが、10万円前後での実売が予想される。

「SW270C」

正確な色表現を目指したモデルとして、Adobe RGB 99%、DCI-P3/Display P3 97%、Rec.709/sRGB 100%のカバー率を実現。複数の色空間に対応することで、写真編集や印刷物、映像編集と行ったさまざまな用途に対応できるとしている。

解像度はWQHD(2,560×1,440)で、アスペクト比は16:9。16-bit LUTを備えた10bitパネルを採用する。コントラスト比は1000:1で、輝度は300カンデラ。そのほか視野角は上下左右178度で、応答速度は14ms(GtoG 5ms)となっている。

表示解像度1080において、24Hzのリフレッシュレートに変更できる「1080/24P プレイバック」に対応。24Pのフィルムコンテンツを歪み無く正しいフレームで表示できるとする。HDRではHDR10にも対応する。

色再現においては、先述した16-bit LUTによってカラーブレンド精度が向上し、完璧な色再現(Delta E≤2)が可能になったとのこと。ハードウェアキャリブレーションに対応し、キャリブレーションソフトウェアにはX-Riteと共同開発の「Palette Master Element」が付属する。従来よりもキャリブレーション時間が短縮されたという。

そのほか、工場出荷時には1台1台キャリブレーションを実施。製造時に液晶モニターを数百エリアに分け、色と明るさを微調整するムラ補正も行われる。PIP/PBPモードにも対応し、同モードでは異なる色空間の映像を並べて同時表示できる「GamutDuo」にも対応する。モノクロモードも搭載する。

外形寸法は626W×504.5-614.3H×334.8Dmmで、質量は9.5kg(台座あり)。遮光フードや、モード切替が行えるコントローラー「ホットキーパック G2」も付属する。入出力端子はHDMI 2.0×2、Display Port 1.4×1、USB Type-C×1、SDカードスロット、ヘッドフォンジャック。下り×2/上り×1のUSB3.0も備える。

関連記事