価格は税込509,990円

JAPANNEXT、86型4K/HDR対応液晶モニターに強化ガラス採用モデル

編集部:小澤麻実
2019年07月04日
JAPANNEXTは、強化ガラスを採用した86型4K液晶モニター「JN-IPS8600UHDR-KG」を本日7月4日に発売した。価格は509,990円(税込)。なお本日から7月26日まで発売記念特価販売セールを実施。409,990円(税込)で販売を行う。

JN-IPS8600UHDR-KG

2月に発売した4K/HDR対応の86型液晶モニター「JN-IPS8600UHDR」(関連ニュース)に、パネル保護の強化ガラスを施したモデル。

4K解像度(3,840×2,160)の非光沢IPSパネルを搭載。画素ピッチを約0.49mmまで縮め、51PPIという画素密度を実現しているという。視野角は上下左右178度、リフレッシュレートは60Hz。HDRにも対応しており、どの角度から見ても色やコントラストの変化が起きにくく、またリアルで色鮮やかな映像を楽しめるとしている。コントラスト比は1,200対1、輝度は400cd/m2

HDMI2.0端子を1基、HDMI1.4端子を2基のほか、DisplayPortやVGAなどの端子を搭載。HDCP2.2対応で、ひかりTV 4Kなどの4K配信コンテンツの視聴も可能だ。複数機器からの入力信号を同時表示するマルチウィンドウ機能やPIP/PBPにも対応し、画面を分割して最大4つのソースを表示できる。またMHLにも対応し、スマホの映像や写真などを本機で楽しむことも可能だ。

外形寸法は1,925W×1,165H×357Dmm(スタンド付き)で、スピーカーも搭載。質量は約64kg。

関連記事