約5.5万円

世界初、レンズ取り外し+オーディオ内蔵のAcer製Windows MRヘッドセット「AH501」

編集部:押野 由宇
2019年03月07日
日本エイサーは、世界初となる光学部分取り外しに対応した 「Acer OJO 500 Windows Mixed Reality ヘッドセット」(型名:AH501)を、3月15日より発売する。価格はオープンだが、55,000円前後での実売が予想される。

「AH501」

世界初となる光学部分(レンズ部分)が取り外し可能なモジュラーデザインを採用したWMRヘッドセット。レンズ部分を取り外すことでコンパクトに持ち運びや保管ができるほか、ヘッドストラップも取り外し可能なため、レンズのホコリや顔に触れる部分の汚れなどの手入れがしやすく清潔に使うことができる。

レンズ部分が取り外し可能

また本機は、こちらもVR + WMRヘッドセットとして世界初となるインテグレーテッドオーディオシステム「Sound Pipe」を搭載。非密閉型イヤホンも同梱し、外部の音が聞こえるため、周囲の音を意識しながらも没入感を楽しめるとしている。

ヘッドセットに付いているダイヤルを操作することで、瞳孔間の距離を調整可能。ユーザーそれぞれの瞳孔間距離に合わせて簡単に調整できることから、映像の歪みやボヤけ、疲労を防ぎ、よりクリアな映像で快適にVRを楽しめるとする。

本体設計にはエルゴノミックデザインを採用。ヘッドストラップはハードタイプとソフトタイプを選択可能で、前頭部の大き目のコーブ(くぼみ)、ソフトタイプのフェイスフォームスポンジ、ダブルパッドのヘッドバンド、調整用ダイヤルにより、長時間でも快適に使用できることを目指した。

モーションコントローラーを付属

また外部センサーを必要としないインサイドアウト方式のトラッキングシステムをヘッドセットに内蔵しており、セットアップ時間は約10分としている。上下左右前後の動きに対応できる6自由度(6DoF)の位置トラッキングに対応する。

関連記事