2年間のライセンスを取得

VRヘッドセット「Mirage Solo」にPS VRデザインが使用可能に。SIEとレノボがライセンス契約

編集部:押野 由宇
2018年10月31日
ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)とレノボは本日、SIEの保有するPlayStation VRの工業デザイン(意匠)に関するライセンス契約を締結したと発表した。

これによりレノボは、VRヘッドセット「Lenovo Mirage Solo」においてPS VRのデザインを2年間使用できるライセンスを取得したこととなる。

Lenovo Mirage Solo

「PlayStation VR」

なお、今回の契約はあくまでデザインに関するもので、Lenovo Mirage SoloでPS VRのゲームが遊べるようになるわけではない。

SIE チーフリーガルオフィサー ライリー・ラッセル氏は、「レノボとのPS VRのデザインに関するライセンス契約が締結できたことをとても嬉しく思います。 SIEの優秀なエンジニアとデザイナーによる長年の努力の結晶であるPS VRのデザインは、非常に高い評価を得ており、本ライセンス契約の締結もそれを裏づけるものと言えるのではないでしょうか。SIEは今後もVR市場の健全な成長に貢献していく所存です」とコメント。

レノボ コンシューマータブレット・スマートデバイス・ビジネスマネジメント VP ヤオ・リー氏は「レノボは、SIEとのパートナーシップを光栄に思います。PS VRのデザイン性の高さは一目で分かるものであり、今回の契約締結は急速に拡大するVR市場において、洗練されたデザインとその魅力をより多くの方々にお届けできるものです。両社が協力することで、VR市場を盛り上げることができる素晴らしい取り組みだと考えています」と述べている。

関連リンク

関連記事