画面占有率は約89%

ファーウェイ、しずく型ノッチでAIカメラ2基搭載の新スマホ「nova lite 3」。約2.7万円

編集部:平山洸太
2019年01月30日
ファーウェイ・ジャパンは、novaシリーズのSIMフリースマートフォン「HUAWEI nova lite 3」を2月1日から発売する。価格はオープンだが、26,880円前後での販売が予想される。

「HUAWEI nova lite 3」

手に持った様子

ディスプレイには、日本市場に投入された同社製品としては初となる「しずく型ノッチ」を採用。狭額縁のデザインと組み合わせることで、nova lite 2と比較し画面が約11%大型化した。ディスプレイサイズは約6.21インチで、解像度は約2,340×1,080ドット。HDR10に対応し、画面占有率は約89%となる。

カラーは3色がラインナップ。左からオーロラブルー、ミッドナイトブラック、コラーラルレッド

しずく型のノッチを搭載

本体カラーはオーロラブルー、ミッドナイトブラック、コラーラルレッドの3色をラインナップ。また、3D湾曲デザインとセラミックのような質感により、手で持った際の優れたフィット感も目指したという。

Androidのバージョンは9、独自UI「EMUI」のバージョンは9.0.1となる。プロセッサーには12nmプロセスで製造された「HUAWEI Kirin 710 オクタコアCPU」(2.2GHz×4+1.7GHz×4)を搭載。シングルコア性能は75%、マルチコア性能は68%向上したという。ゲーム時にパフォーマンスを向上させるGPU Turbo機能も備えており、『伝説対決-Arena of Valor-』『Vainglory 5V5』『モバイル・レジェント:Bang Bang』『PUBG MOBILE』『Rules of Survival』の5タイトルが対応する。

Kirin 710のパフォーマンス

メモリは3GBで、ストレージは32GB。microSDカードは最大512GBに対応する。SIMカードはNano SIMを採用、デュアルSIMスロットを搭載しており、1つはmicroSDカードとの共有となる。

アウトカメラは約1,300万画素のF1.8。デュアルレンズ仕様で、被写界深度(ボケ)用の約200万画素のカメラも搭載し、ボケのある写真が撮れるとしている。AFは像面位相差とコントラストAFに対応する。インカメラは約1,600万画素となる。

デュアルレンズを搭載

AIカメラで撮った写真を他社と比較。例えば食べ物では、自動的に鮮やかに調整されるという

アウトカメラとインカメラにAIカメラを搭載することも本機の特徴。数億枚以上の画像を学習させることで、アウトカメラでは22以上のシーン・500以上のカテゴリーを認識し、最適と思われる設定に自動で調整される。アパチャーモードにより10段階でボケの強度を調整することも可能だ。夜景モードも搭載する。またインカメラは花・室内といった8つのシーンを認識し、ボケの有無を切り替えられるポートレートモードにも対応する。

デモ機での作例。例えばケーキに本機を向けると料理モードに自動的に切り替わり、鮮やかに調整される

バッテリーは約3,400mAh。5V/2Aの充電に対応することで、nova lite 2と比較し充電が22%高速化された。バッテリー寿命に関しても15%向上している。また充電端子はmicro B(USB 2.0)となる。

本体下部には3.5mmジャックと充電用のmicroUSB、スピーカーを搭載

本機の側面。ボリュームキーと電源ボタンを搭載

ドイツの認証機関 テュフ・ラインランドにより効果が認められたという、ブルーライトなどを防ぐ視力保護モードも搭載。同じネットワーク端末(最大8台)と音楽再生をシンクロさせるパーティーモードにも対応する。

パーティーモードのデモ

カメラをかざすだけでモノを認識してショッピングやカロリー計算ができる「AI Vison」、同じネットワーク上のPCとワイヤレスでデータを転送できる「HUAWEI SHARE 2.0」、新しくなったジェスチャーナビゲーションも搭載。また簡易モードも刷新され、通常モードの見た目のままアイコン・文字が大型化。また、簡易モードでも通常モードと同じように長押しでアイコンの移動ができるようになった。

AI Visonでは商品にカメラをかざすと検索できる

センサーは加速度、コンパス、環境光、近接、指紋認証を搭載。顔認証にも対応する。2Dカメラによる顔認証ではあるが、写真や動画での解除ができないようになっており、また暗い場所でも動作するとのこと。

本機の背面。指紋認証を搭載する

位置の測位形式はGPS、GLONASS、AGPSに対応し、Bluetoothのバージョンは4.2。またWi-Fiは802.11 b/g/nに対応する。またソフトウェアアップデート(発売時には公開済)を適用することでauVoLTEにも対応する。

nova3(左)との比較

外形寸法は約73.4W×155.2H×7.95Dmmで、質量は約160g。ACアダプター、USBケーブル、保護ケース、イヤホンマイク、クイックスタートガイドが付属する。

本製品を購入し、きせかえテーマをダウンロードすることで、ミッフィーデザインの専用ケースを200個限定でプレゼントするキャンペーンを2月9日行う。また、同社のアプリストア「AppGallery」において、ゲーム「エレメンタルナイツ」をダウンロードすると1,500円相当のギフト券、「Cut the Rope」をダウンロードすると1日フリープレイとヒント100個が貰えるキャンペーンも行われる。

ミッフィー携帯カバーをプレゼント

ゲームのギフト券をプレゼント

そのほかEMUI 9.0のアップデート予定も発表。1月に「P20」「Mate 10 Pro」、2月に「nova3」、3月に「Mate20 lite」、4月に「P10 Plus」「P10」「Mate9」「honor9」、5月に「P20 lite」、6月に「nova lite2」へアップデートが行われる予定。

EMUI9のアップデートスケジュール

関連記事