観光客増加に対応

5G活用で駅ホームをより安全に。パナソニックなどが実証試験に成功

編集部:成藤 正宣
2019年01月10日
パナソニックは、(株)国際電気通信基礎研究所(ATR)、KDDI、早稲田大学、京浜急行電鉄と共同で、国際空港の駅ホームにおける5G活用の実証試験に国内で初めて成功したと発表した。

この実証試験は2018年11月21日から12月21日まで京急電鉄 羽田空港国際線ターミナル駅で行われたもの。外国人観光客の増加に伴い多くの利用が見込まれる国際空港駅ホームにおいて、5Gの活用により、安全/安心/利便性を向上させることを目的としている。

実証試験のイメージ

実証実験ではサムスン電子の「5G エンドツーエンドソリューション」を用い、羽田空港国際線ターミナル駅上り地下ホームに28GHz帯の実験エリアを構築。5G通信を介し、ホームに設置した固定カメラやホームを巡回するロボットに搭載したカメラから監視モニター/VRゴーグルへの4K映像の送信、4K映像のサーバー収集/分析による刃物や不審者の検知、5G対応タブレットによる同時翻訳や4K観光案内映像の配信を行った。

同社では、5Gの大容量データ伝送能力の活用により、4K高精細映像のリアルタイム伝送/収集/分析による危険の早期検知や、高精細映像による観光客への情報提供など、駅の安全/安心を向上させることが期待されるとしている。

関連記事