VisrtualCastに適用予定

<CES>HTC、視線で操作できるHMD「VIVE Pro Eye」。アバターの自然なまばたきも実現

編集部:押野 由宇
2019年01月08日
HTC VIVEは、米国ラスベガスにて開催中のCES 2019にて、アイトラッキングが標準搭載された新ヘッドセット「VIVE Pro Eye」を発表した。発売は2019年4月-6月を予定する。

「VIVE Pro Eye」

VIVE Pro Eyeは、本機を装着して画面を注視するだけでメニューを選択するといった操作が行えるヘッドマウントディスプレイ。レンズの周囲に設置されたLEDセンサーにより、VR用の最新アイトラッキング技術をサポートし、両眼の動きのトラッキングや分析を可能としており、視線によるコントールができることが特徴だ。

日本市場ではバーチャルキャスト社によるVisrtualCast Enterprise版がVIVE Pro Eyeに対応しており、VIVE Pro Eyeを装着したユーザーの視線やまばたきが、VRM対応アバターの視線やまばたきと自動リンクすることにより、より自然なアバター表現が可能となるとしている。

VRM対応アバターの自然な視線やまばたきを実現

なお、本機能は今後、一般配布を行っているVirtualCast Consumer版にも適用を予定している。

スクリーンはデュアルAMOLEDでサイズは対角3.5インチ。解像度は片目あたり1,440×1,600ピクセル、合計で2,880×1,600ピクセルとなる。リフレッシュレートは90Hzで、視野角は110度。ハイレゾ対応ヘッドホンとの一体型設計となる。

CES 2019の会場ではメジャリーグベースボールによるのアイトラッキングデモが展示。アイトラッキングは「MLB ホームランダービー VR」というゲーム体験に組み込まれ、既存のコントローラー無しでメニューの選択が可能となる。

また、HTCがグローバルで運営するVRアプリストアVIVEPORTから、過去最大というサブスクリプションサービスへのアップデートがアナウンスされた。

VR向けとしては世界初の無制限サブスクリプションサービスとなる「Viveport infinity」では数百のコンテンツに無制限でアクセスすることができ、2019年4月5日のVIVE Dayより、500以上のタイトルを無制限でダウンロードし、遊ぶことが可能となる。

なお、Viveport Infinityは新旧のVIVEデバイスだけではなく、Oculus RiftやVIVE Waveに参加している他社デバイスからもアクセスすることが可能としている。

さらに、VIVEの最新のVRヘッドセットとなる「VIVE Cosmos」が初公開。開発者向けキットが公表された。本機は同時に発表された「Vive Reality System」を使用する最初のモデルとなる予定で、開発者キットが2019年の早い時期に提供予定、詳細や価格などは本年後半に公表予定とされている。

「VIVE Cosmos」

VIVE Cosmosは快適な装着感、簡単なセットアップと使用方法により、いつでもVRにアクセスすることが可能で、外部のベースステーションが不要のため、家と外出先の両方で使用できる柔軟性があり、ゲーミングPC以外からも接続することができると説明される。

関連記事