QHD/144Hz対応

LG、ブランド初の「DisplayHDR 400」対応31.5型ゲーミングディスプレイ

編集部:押野 由宇
2018年07月12日
LGエレクトロニクス・ジャパンは、31.5インチゲーミングモニター「32GK850F-B」と「32GK650F-B」を、7月26日(木)より全国で順次発売する。価格はオープンだが、32GK850F-Bは60,000円前後、32GK650F-Bは50,000円前後での実売が予想される。

32GK850F-B

32GK850F-Bは映像用のHDR10 や、 VESAが策定したモニター用のHDR規格 VESA DisplayHDR 400 に対応した。さらにHDR 対応ゲームのスムーズに表示する RADEON FreeSync 2 テクノロジーにも対応することで、まるでゲームの世界に入り込んだような、迫力ある高コントラストな美しい映像を再現するとしている。

加えてデジタルシネマ規格の色空間DCI-P3のカバー率95%(標準値)によって、映画やドラマなどのエンターテインメントコンテンツも、よりリアルに再現するという。工場出荷時にはキャリブレーションが実施され、個体差のない安定した画質が提供される。

32GK850F-Bの背面部

2モデル共通のスペックとして、解像度はフルHDの約1.7倍となるQHD(2,560×1,440)で、リフレッシュレートは最高144Hz に対応。映像信号を画面に表示するまでのタイムラグを最小限に抑える DAS(Dynamic Action Sync)モードや黒挿入によって残像感を軽減する「1ms Motion Blur Reduction」、暗いシーンの視認性を高めるブラックスタビライザー、画面上に照準マークを表示させてターゲットを狙いやすくする「クロスヘア」など、各種ゲーミング機能を実装した。

また、ベゼル幅1.2mmの3辺フレームレスデザインを採用。ブルーライトを低減する「ブルーライト低減モード」、フリッカーを抑制する「フリッカーセーフ」によって、映像への没入感を高めるとともに長時間の作業や鑑賞の際の目の負担に配慮している。

スピーカーは非搭載。入力端子はHDMI×2 / DisplayPort×1、出力端子はステレオミニ×1。32GK850F-BはUSB 3.0端子(Up:×1 / Down:×2)も装備している。外形寸法(スタンドあり)/質量は32GK850F-Bが715W×494-604H×272Dmm/ 8.3kg、32GK650F-Bが715W×494-604H×272Dmm/ 8.3kg。

関連リンク

関連記事