ソフトウェアアップデートで

LGのドコモ向けスマホ「V30+ L-01K」にThinQ AI搭載。カメラ画質向上、音声操作での撮影も

編集部:押野 由宇
2018年06月26日
LG エレクトロニクス・ジャパンは、NTTドコモより発売された「V30+ L-01K」について、本日6月26日より開始するソフトウェアアップデートによって、同社独自の人工知能技術「ThinQ AI」に対応させることを発表した。

「V30+ L-01K」

今回のソフトウェアアップデートによってカメラに関する機能を改善。また「AI カメラ」と「Q レンズ」にはThinQ AI機能が搭載される。また、Google アシスタントと連携することにより、写真撮影の操作指示が音声で行えるようになる。LG独自の音声コマンド機能により、「AI カメラを起動して」や「AI カメラで写真撮って」といった指示を認識する。

AIカメラ機能ではフレーム内の被写体をAIが分析し、「人」「ペット」「食べ物」「日の出」「夕焼け」「風景」「都市」「花」の計8カテゴリーから適したモードを選択・撮影する。各モードでは、視野角、色、反射、照明、彩度などを最適化し、被写体の特性を生かして撮影することが可能となる。

AIカメラのイメージ

Qレンズの「フォト検索」機能では、写真共有サイトから、類似画像を検索することが可能。「QR コードリーダー」機能では、専用のアプリを別途インストールすることなく、QR コ ードを読み取ることができる。

Qレンズのイメージ

またブライトモードでは、従来のスマートフォンのカメラが「ambient light(環境光、周囲の光)」を測定して撮影していたのに対し、AI機能のアルゴリズムを使用することで、暗い環境でもより明るく撮影することが可能となった。

ブライトモードのイメージ

さらに「Sensor Binning(センサービニング)」機能により、標準カメラでの撮影時に4つの画素をひとつに使うことで受光面積が広がり、従来よりも2倍明るい輝度を実現。フラッシュがなくても、ノイズが少ない、鮮明な写真を撮影することができるとしている。

関連リンク

関連記事