パッケージをそのままVRゴーグルとして利用可能

Alcatel、世界初のVRゴーグル標準付属スマホ「IDOL4」

編集部:小野佳希
2016年10月12日
TCLコミュニケーションは、そのままVRヘッドセットとして使えるパッケージを採用した仏Alcatel(アルカテル)の新スマートフォン「IDOL4」を11月下旬に発売する。ゴールド、メタリックシルバーの2色を揃え、価格は34,800円(税抜)。

IDOL4

端末のパッケージがVRゴーグルとなっており、購入後そのままVRヘッドセットとして利用可能。VRゴーグルの標準搭載はスマートフォンとして世界初だという。

ゴーグル下部には左右2つの静電タッチ式のボタンを配置。この2つのボタンでの操作に最適化されたVRコントロールUIにより、手元が見えないゴーグル着用時も快適に操作することが可能だとしている。

IDOL3から引き続きリバーシブルUIを採用。端末を上下を逆さまにしてもUIが対応するほか、音楽再生時には端末の向きに合わせて左右のオーディオチャンネルが自動的に切り替わり、ステレオ音声が常に正常に出力される。端末を裏返せばオーディオプレーヤーとして、大音量かつクリアなサウンドを出力するとしている。同社では、端末の上下、左右、表裏の3方向のリバーシブルを実現したとしている。

音楽機能関連では、ハイレゾ音源に対応したJBL製イヤホンも付属。また、「Waves MaxxAudio」を搭載し、オートまたはマニュアルのイコライザーで音質調整ができる。そのほかオリジナルのDJアプリをプリインストールしており、スクラッチしながらイコライザーやエフェクトを使用してのDJ MIXが可能。

本体側面には「BOOM KEY」を搭載。同ボタンを押すことで、各機能において様々な拡張効果を得ることができる。スタンバイ時に2度押しすることでカメラを起動しインスタント撮影、ギャラリーでは保存されている写真をコラージュ、撮影した動画再生時には面白いエフェクトや音声をランダムに追加、音楽再生時には重低音を強調しクラブのようなサウンドが再生されるなど様々な体験が可能。なお、BOOM KEYはファンクションキーとして好みの機能を割り当てることもできる。

OSにはAndroid 6.0を搭載し、液晶ディスプレイは5.2インチのフルHD。CPUにはオクタコアのQualcomm MSM8952を搭載し、RAMが3GB、ROMが16GB。SIMサイズはnano SIM。バッテリー容量は2,610mAh。

関連リンク

関連記事