DTS Sound/DTS Premium Soundも

DTS Headphone:X/Play-FiがAcerのスマホに搭載。モバイル端末で初

編集部:伊藤 麻衣
2016年02月24日

米DTSは、スペインで開催されている「Mobile World Congress 2016」にて、同社の高音質技術「DTS Headphone:X」「DTS Play-Fi」が、Acerの新フラグシップスマートフォン「Liquid Jade 2」に搭載されることを発表した。それぞれモバイル端末に搭載されるのは今回が初となる。Liquid Jade 2は、グローバルで2016年2Q発売を予定している。

DTS Headphone:Xは、通常のステレオヘッドホン/イヤホンを使用して、最大11.1chのバーチャルサラウンド再生が行えるDTSの音声技術。同社によれば「従来のヘッドフォンとは異なり、サウンドを『外面化』することによって、耳から聴いた音が頭の中で鳴っているのではなく、自分の周りを高品質のスピーカーの音が取り巻いているように聴こえる」という(関連ニュース)。

DTS Play-Fiは、ロスレス音声をワイヤレス伝送できるオーディオ技術。デバイス内の音声を、Wi-Fi経由で別室のPlay-Fi対応再生機器にワイヤレス伝送できる。Bluetoothとは異なり、1台のデバイスから別々の部屋にある複数機器に同時にストリーミングできることが特徴で、ロスレス音声やインターネットラジオ音声の伝送にも対応している(関連ニュース)。

それらの音声技術を搭載するLiquid Jade 2は、Acerの新しいフラグシップとなるAndroidスマートフォン。上述の通り、モバイル端末としては初めて、DTS Headphone:XとPlay-Fiテクノロジーを採用する。システムレベルのドライバーとして内蔵することで、スマホ上のシステム設定メニューからアプリケーション機能にアクセスできるようにしている。さらにDTSのモバイル向け音声技術である「DTS Sound」と「DTS Premium Sound」も搭載する。

DTSの会長兼CEO・Jon Kirchnerは、本件に対し「AcerのLiquid Jade 2スマートフォンのように、DTSの革新的なオーディオ・ソリューションを搭載したデバイスが今後も世界中で増加することで、考え得るすべてのプラットフォームで高品質なサウンド・エクスペリエンスをできるだけ多くの人に提供していきます」とコメントしている。

【問い合わせ先】
dts Japan
TEL/03-5365-3780

関連記事