Androidはタッチパネル操作で早送りなども可能に

nasne視聴アプリ「torne mobile」、ニコニコ実況に対応。Android版はHD再生にも対応

編集部:川田菜月
2016年03月16日
ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジア(SCEJA)は、スマートフォンやタブレット用のnasne視聴アプリ「torne(トルネ) mobile」のバージョンアップを実施。ニコニコ実況へ対応させたほか、Andoroid版ではHD解像度再生にも対応するなど、機能を強化した。

ニコニコ実況に対応

「torne(トルネ) mobile」は、nasneと組み合わせることで、スマートフォンやタブレットを使って外出先でも自宅で録画した地上デジタル、衛星デジタル(BS/110度CS)のテレビ番組録画や視聴を楽しめるアプリケーション。

今回配信されたバージョン1.10では、ニコニコ実況連携視聴に対応。コメント投稿はもちろん、文字サイズや文字色の指定も行える。また、ビデオ視聴時には、コメント数/分の推移グラフシークバーから、タイムサーチ操作も可能となった。

加えて、Andoroid版プレイヤーでは、従来はフラッシュ、チャプタースキップのみだったタッチパネル操作で、早見(x1.5-x2.0)、早送り、早戻しが可能になった。また、HD解像度再生、音声切り替え、字幕切り替えにも対応した。

Android版はさらに機能を強化

そのほか、Andoroid/iOSの両方で、おススメ番組投稿機能の追加、ビデオ検索機能の強化も実施。また、アプリ内で遊べるミニゲームには「トルネフスロット」、トルネ屋の有料アプリアイテムには新しいデザインテーマ「ウッドフレーム」を追加した。

「トルネフスロット」なども追加

関連記事