4GBのストレージ内蔵で単体での音楽や動画再生も

<IFA>ソニー、Android Wear搭載の腕時計型端末「SmartWatch 3」を発表

山本 敦
2014年09月03日
ソニーはIFA2014プレスカンファレンスで、2014年秋以降に日本を含む世界各地域で発売を予定している腕時計型のウェアラブル端末「SmartWatch 3」を発表した。

SmartWatch 3

ソニーはこれまでスマートフォン“Xperia”とBluetoothで連携する腕時計型アクセサリー“SmartWatch”シリーズ(関連ニュース)を展開してきた。本機はシリーズの最新モデルとして加わるが、従来モデルのプラットフォームからAndroidをウェラブル端末向けに拡張した「Android Wear」にアップデートした点が特徴。Android OS 4.3とBluetooth 4.0(BLE)を搭載していれば、Xperiaシリーズ以外の端末との組み合わせでも使うことができる。

コア部分とバンド部分は脱着が可能で、カラーバリエーションはクラシック(ブラック/ライム)とスポーツ(ピンク/ホワイト)のストラップが発売される予定。ヨーロッパでの予価は229.99ユーロ。

Bluetooth 4.0に対応したほか、NFCによるワンタッチペアリングや、IP68相当の防水・防塵設計も実現している。

本体には320×320画素の1.6型カラー液晶ディスプレイを搭載。4GBの内蔵ストレージに音楽や動画ファイルを保存してスタンドアロンで再生が楽しめる。音楽・動画ファイルの単体再生はソフトウェアアップデートにより提供される予定だ。加速度計/コンパス/ジャイロセンサー/GPSを内蔵して、「SmatBand SWR10」と同時期に発表されたエンターテインメントとアクティビティのログアプリ「Lifelog」を本体にインストールすれば単体でジョギングやウォーキングのログを記録して楽しめる。

内蔵バッテリーの容量は420mAhで、1時間でフル充電、通常使用で約2日間の連続稼働が可能。プロセッサーには1.2GHz クアッドコアのARM A7を搭載。メインメモリーは512MB。

関連記事