カメラ・オーディオ機能も進化

【MWC2014】ソニー、薄型・軽量化/色域拡大した「Xperia Z2 Tablet」

山本敦
2014年02月24日
ソニーモバイルはMWC2014にて、タブレットの新モデル「Xperia Z2 Tablet」を発表した。

より薄型化を実現した「Xperia Z2 Tablet」

Xperia Z2 Tabletを手に持ったところ

本機は10.1インチのWUXGA(1,920×1,200)ディスプレイを搭載したAndroid 4.4搭載タブレット。「Xperia Tablet Z」に代わるグローバルモデルの最上位タブレットで、ヨーロッパ各地域での発売時期は3月を予定。日本での発売も期待できそうだ。

ヨーロッパではWi-Fi専用モデルとLTE/3Gモデルを発売。内蔵ストレージは32GB/16GBの2モデル。Qualcomm社製2.3GHzのクアッドコアプロセッサーを搭載。メインメモリーは前機種より1GB増強した3GB。内蔵バッテリーは同容量の6,000mAh。

カラーバリエーションはマット仕上げのピュアホワイトとブラック。サイドパネルの配色はシルバー、素材は樹脂。リアパネルのメイン素材にはグラスファイバーを用いている。ホワイトのカラーリングは前機種よりもさらに純白に近づけた色合いに仕上がっている。

ディスプレイとバッテリーを新規に開発したことで、前機種で約6.9mmだった本体の厚みを、Z2では約6.4mmへとさらに薄型化。10インチクラスのAndroidタブレットで世界最薄をアピールする。重さもWi-Fiモデルが426g、LTE/3Gモデルは439gと軽量化を図った。

本体の厚さは6.4mm

実際に手に取ってみると本体の薄さ、軽さのインパクトが実感できる。サイド側トップの位置に3.5mmステレオミニタイプのヘッドホン端子が設けられているが、その口径が本体の最薄部より、ややはみ出して見えるほどの薄さだ。

防水・防塵設計の本体は、防塵等級をIPX5/7からIPX5/8に向上させた。防水等級はIP5X。

本体は防水・防塵仕様


「LiveColour LED」ディスプレイやスマホで人気のカメラアプリも搭載

スマートフォンのXperia Z2と同じく、ディスプレイに「LiveColour LED」を搭載したことで画面の鮮やかさが向上。「トリルミナスディスプレイ for mobile」や「X-Reality for mobile」などソニー独自のディスプレイ技術が本機にも搭載され、自然な肌色や深みのある赤色、ビビッドな青色の再現性が向上している。パネルは画素密度224ppiのIPSパネルを採用した。表面は耐指紋コート処理。

Xperia Z2と同様、タブレットもスピーカーの取り付け位置も変更。従来モデルではステレオスピーカーが横向きに搭載されていたが、タブレットも本体正面向きにダクトをレイアウトして、よりダイレクトなリスニング感が得られるようになった。ドライバーも見直し、音質をキープしながら音圧を高めている。さらに「S-Force Front Surround」も搭載して立体感のあるサウンド再生を実現している。

フロント側にスピーカーダクトを搭載する

Xpeira Z2と同様、専用イヤホンとの組み合わせでデジタルNC機能が利用できる。周囲騒音は98%カット。ホワイトノイズをキャンセルして、映像・音楽コンテンツのポータブルリスニングが快適に楽しめる。なお本機はハイレゾオーディオ再生には対応してない。

カメラ部のCMOSセンサーは、有効画素数約810万画素。画素数は変更ないが、センサーを「Exmor RS fof mobile」に変えたことで暗所撮影性能が高まった。「プレミアムおまかせオート」や「HDR撮影」機能をはじめ、ARエフェクト、背景ぼかし、Creative effectなどスマートフォンで好評のカメラアプリもプリインされる。フロント側のカメラユニットでもARエフェクト撮影が利用できるのもユニークなポイント。

本機は4K動画撮影には対応していないが、MHL3.0出力はサポートしているので、本体に保存した4K動画を4Kブラビアにつないで再生することができる。

microUSB経由でのハイレゾ再生には本機も対応。96kHz/24bitまでのWAV/FLACファイルを本体でデコードして、microUSB経由で出力。ハイレゾ対応のポタアンなどに接続して楽しめる。

本機もUSB経由でのハイレゾ出力に対応する

なお、同日発表されたSmartBand SWR10とLifelogアプリはXperia Z2 Tabletと組み合わせて楽しむこともできる。

スピーカー内蔵スタンドなど純正アクセサリーも充実


Bluetoothワイヤレススピーカー搭載の充電スタンド
本機専用のソニー純正アクセサリーも充実する。ドックスタンドはワイヤレススピーカーも内蔵。NFCでペアリングして、Bluetoothによるワイヤレスリスニングが楽しめる。同梱のリモコンでタブレットのアプリが操作できるほか、LTE/3Gモデルの場合はドッキングした状態でハンズフリー通話にも対応。リモコン側にマイクとスピーカーが内蔵されているので、ヘッドセットとして使うこともできる。リモコンのデザインもXperiaシリーズと共通化されている。他にも本体カバー兼用のBluetooth対応の薄型キーボードも発売を予定している。

関連リンク

関連記事