第1回応募者は第2回抽選に自動エントリー

シャープのマスク、応募数は470万以上。倍率100倍超

  • Twitter
  • FaceBook
編集部:小野佳希
2020年04月28日
シャープは、同社製の不織布マスク「MA-1050」の抽選販売について、初回の応募が4,706,385人あり、そのうち40,000人 (40,000箱)を当選にしたことなどを明かした。本日4月28日に抽選を行い、当選者には4月29日までに当選通知メールを送信するとしている。

不織布マスク「MA-1050」

30,000箱の提供を予定していたところ、多数の応募があったことから、さらに増産を図り、40,000箱の提供に増量したとのこと。

マスク自体にもSHARPロゴ

第2回以降の抽選販売については、別途、公式サイトで案内する。なお、第1回抽選販売への応募者は自動的に第2回以降の抽選販売の対象となるため、改めて応募する必要はない。

シャープ製マスクの装着イメージ

また、通常販売を再開する場合にも、改めて公式サイトで案内するという。

同社製マスクは4月21日から先着順での販売を開始したが希望者が殺到し販売サイトがダウン。これを受けて抽選販売に切り替えられていた。1箱50枚入で、価格は2,980円/箱(税抜、送料660円別)。1人1箱限りの販売となる。

関連リンク

関連記事