2021年作品リリース目指す

視聴者の目線でエンディングが変わるVR映画、WOWOWらが制作

  • Twitter
  • FaceBook
編集部:小澤麻実
2020年04月01日
WOWOWと(株)stoicsenseは、視聴者の目線によってストーリー分岐する"世界初の分岐型マルチエンディングVR映画”「HERA」の制作プロジェクトを発表した。今後、本制作に向けて資金調達を行い、2021年の作品リリースを目指すという。現在プロジェクト参画企業を募集中だ。

分岐型マルチエンディングVR映画では、視聴者の目の動きをトラッキングし、どこを見ているかによってストーリーが分岐。ゲームのようにコントローラー操作によってではなく、作品を鑑賞しているうちに"無意識”でストーリーを選び、各視聴者が選び取ったエンディングを迎える…というのがユニークだ。

本作品のポイント

(株)stoicsenseは、『攻殻機動隊GHOST CHASER』『攻殻機動隊 新劇場版 Virtual Reality Diver』などを手掛け、VRコンテンツ制作にも造詣の深い東 弘明監督が代表を務める制作会社。

「HERA」は東監督のオリジナル脚本を元に制作。未来都市「TOKYO」を舞台に、AIと共生する未来の生活、感情、そして新しい「生き方」の選択を描く。エンディングに関わる分岐は2つあり、3つのエンディングが用意される。目線トラッキングによって、エンディングだけでなくキャラクターが選ぶ衣装や物、台詞など細かい部分も変わっていくとのことだ。

ストーリーの分岐例

本プロジェクトで分岐型ストーリーに挑戦する理由は、映画はそもそも観る人によって感じ方や受け取り方が異なるものであり、今後映画制作自体にAIが介在し、ひとりひとり違った内容・エンディングを持つようになるのでは考えたからだという。

「今作品は、遠くない未来、登場するであろう、そんなAIが作る映画作りの第一歩となるのではないかと思っています」、そして「作品を作る最後のピースは『視聴するユーザー本人』になる」と提言している。

関連記事