精細度1058ppi

JDI、HMD専用の高精細液晶ディスプレイを量産開始

  • Twitter
  • FaceBook
編集部:押野 由宇
2020年02月17日
ジャパンディスプレイは、ヘッドマウントディスプレイ専用の2.1型液晶ディスプレイ「1058ppi LTPS TFT-LCD」の量産を開始したことを発表した。

「1058ppi LTPS TFT-LCD」量産開始

VR用ヘッドマウントディスプレイでは自然で緻密な動画表現が求められることから、同社は1000ppiを超える高精細化、動画ぼやけの抑制、レイテンシーの低減を実現する技術開発を推進。この度、メガネ型ディスプレイ端末をより薄く・軽量化するための特殊な光学設計を採用するとともに、異形状にすることによってセットデザインの自由度を大幅に高めたとする「1058ppi LTPS TFT-LCD」を開発した。

なお本製品はすでに市販されているメガネ型ディスプレイ端末に採用されており、ユーザーがより気軽に快適なVR空間を体験できることから、市場のさらなる拡大が期待できると同社は説明している。

サイズは2.1型で、解像度は1600×RGB×1,600。精細度は1058ppiを実現する。応答速度は4.5ミリ秒(中間応答ワーストケース)で、リフレッシュレートは120Hz。バックライト方式としてグローバルブリンキングを採用。輝度は430cd/m2 (Typ.)となる。
  • トピック
  • VR

関連記事