コレクターズエディション、BD/DVDスタンダードエディションの3種類

『天気の子』BD&DVDが5月27日リリース決定! UHD BD同梱のコレクターズエディションも

編集部:杉山康介
2020年01月10日
新海誠監督の最新作『天気の子』のUltra HD Blu-ray/BD/DVDが、5月27日にリリースされることが決定した。

昨年7月に公開され、興行収入140.5億円を突破するヒットとなった本作。BD、DVDのスタンダードエディションに加え、本編UHD BDと本編BD、特典BD3枚がセットになった初回限定生産コレクターズエディションの3種類がリリースされる。価格はコレクターズエディションが12,000円(税抜、以下同)で、スタンダードエディションのBDが4,800円、DVDが3,800円。BD、DVDのレンタルも同日よりスタートする。

『天気の子』Blu-rayが5/27リリース決定!

コレクターズエディションのUHD BDは2層(BD66G)/ビスタサイズで、本編114分とプロモーション映像集(劇場予告、TVスポット集)と新海誠フィルモグラフィの映像特典を収録。音声は5.1chと2.0chのDTS-HD Master Audio日本語版と、エンドクレジットの「愛にできることはまだあるかい」が英語歌唱になっている5.1ch DTS-HD Master Audio英語主題歌版の3種類を、字幕はバリアフリー日本語/日本語/英語/中国語の4種類を収録する。

『天気の子』コレクターズエディション

3枚の特典BDは、DISC1に「ビデオコンテ」「『天気の子』メイキングドキュメンタリー」「『グラエンドエスケープfeat.三浦透子』ミュージックビデオ」が、DISC2に「ビジュアルコメンタリー(醍醐虎汰朗×森七菜×RADWIMPS)」「イベント記録映像集」を収録。

醍醐⻁汰朗✕森七菜✕RADWIMPSのビジュアルコメンタリーを収録

そしてDISC3には、新海誠監督とフリーアナウンサー・有働由美子による“公開後だからこそ語れる本音満載の”対談映像「『新海誠監督×有働由美子 反省会!』〜映画『天気の子』を語りつくした“ソノサキ”に〜」、新海監督の講演会映像「新海誠監督講演映像 『天気の子』―物語の起点―」、公開前記念特番「映画公開記念特番『天気の子 予報』」、公開後の記念特番「映画公開記念特番『天気の子 前線』」が収録される。

対談「『新海誠監督×有働由美子 反省会︕』〜映画『天気の子』を語りつくした“ソノサキ”に〜」(写真左)や、講演会「新海誠監督講演映像 『天気の子』―物語の起点―」(右)も

新海誠監督ディレクション&豪華スタッフによる描き下ろし3面デジパック仕様で、さらに封入特典としてブックレット、縮刷版台本、書き下ろし線画クリアシールが同梱される。

本編BDはコレクターズエディション/スタンダードエディション共通のものとなっており、2層(BD50G)/ビスタサイズで本編114分と特典を収録。日本語5.1ch DTS-HD Master Audio、日本語2.0ch DTS-HD Master Audio、英語主題歌版 5.1ch DTS、バリアフリー日本語音声ガイド2.0chDTSの4種類の音声と、バリアフリー日本語/日本語/英語/中国語の4種類の字幕を収録する。

本編DVDは片面2層/16:9LB スコープサイズで本編114分と特典を収録。音声は日本語 5.1ch ドルビーデジタル、日本語2.0chドルビーデジタル、英語主題歌版 5.1ch ドルビーデジタル、バリアフリー日本語音声ガイド2.0chドルビーデジタルを、字幕は日本語/英語/中国語/英語主題歌版用となっている。またスタンダードエディションには描き下ろし線画クリアシールが封入される。

(C)2019「天気の子」製作委員会

関連記事