初の日本盤

発売から30年、『MOTHER』サントラがアナログレコードで復活。透明仕様で12/25発売

編集部:押野 由宇
2019年12月04日
ソニー・ミュージックダイレクトは、ゲーム『MOTHER』のオリジナル・サウンドトラックが、発売から30周年を迎えたことを記念して、完全生産限定のアナログレコードを12月25日に発売する。価格は5,000円(税抜)。

MOTHER オリジナル・サウンドトラック

『MOTHER』は糸井重里がゲームデザインを手掛けた『MOTHER』シリーズの第一弾作品で、発売は1989年。同年にサウンドトラックもリリースされており、今回、ソニー・ミュージックソリューションズ・乃木坂スタジオでのカッティング、静岡工場でプレスした初の “メイド・イン・ジャパン” アナログレコードが発売される。12インチ33回転の2枚組で、透明レコード仕様となっている。

サウンドトラックは、ゲームのBGMを手掛けたムーンライダーズの鈴木慶一が英国に渡り録音。海外歌手を起用して制作、ボーカルアレンジされた楽曲がメインで、全11曲中2曲がインストアレンジの楽曲となる。

また、BGMの原曲をゲーム進行に沿った形でメドレー形式に編集した『THE WORLD OF MOTHER』は、今回のアナログレコード化にあたり、2004年に発売されたデジタル・リマスター版に収録されたEXTENDED VERSIONを採用している。

【収録内容】
<SIDE-A>
1. POLLYANNA(I BELIEVE IN YOU)
2. BEIN' FRIENDS
3. THE PARADISE LINE/
4. MAGICANT

<SIDE-B>
1. WISDOM OF THE WORLD
2. FLYING MAN
3. SNOW MAN
4. ALL THAT I NEEDED(WAS YOU)

<SIDE-C>
1. FALLIN' LOVE, AND
2. EIGHT MELODIES

<SIDE-D>
1. THE WORLD OF MOTHER(EXTENDED VERSION)

関連リンク

関連記事