「ゲームの暴力と現実の暴力は別」

YouTube、ゲームの暴力的表現に関する規制を緩和。年齢制限の対象コンテンツ減少へ

編集部:押野 由宇
2019年12月03日
Googleは、YouTubeのコミュニティガイドラインを更新。ビデオゲームでの暴力表現に関する年齢制限の緩和を発表した。

新たに発表されたポリシーでは、「現実世界の暴力と、映画やテレビ番組、ビデオゲームのような台本化またはシミュレートされた暴力には違いがある」としたうえで、12月2日以降、ビデオゲームの “台本化またはシミュレートされた暴力的なコンテンツ” についても、映画などと同様の扱いを行っていく。

これにより、今後は、これまで年齢制限を受けていた “台本化またはシミュレートされた暴力的なコンテンツ” のアップロードについても、年齢制限なく承認されることになる。

ただし、暴力的な表現部分のみをピックアップした動画である場合は、年齢制限を引き続き行うことができるともしている。

また、ゲームでの暴力に対する制限は緩和されるが、現実世界の暴力から視聴者を保護するための高い基準は維持すると同社は説明。加えて、このコミュニティガイドラインのポリシー施行の更新は、広告主向けのガイドラインに影響なく、暴力表現などが多いゲーム動画の広告表示における収益化の無効や一部制限などの規制は引き続き行われる。

関連リンク

関連記事