高出力/大容量で屋外や緊急時に活躍

JVC、米メーカーと共同開発した“Tuned by JVC”ポータブル電源3モデル

編集部:成藤 正宣
2019年10月08日
JVCケンウッドは、米Jackery社と共同開発し、複数の専門機関による安全性試験や同社独自の安全基準による検証をクリアした “Tuned by JVC” ポータブル電源3モデルを、10月中旬より発売する。価格はいずれもオープン。

・「BN-RB6」:市場想定価格65,000円前後
・「BN-RB5」:市場想定価格55,000円前後
・「BN-RB3」:市場想定価格37,000円前後

「BN-RB6/BN-RB5」

「BN-RB3」

アウトドアレジャーの普及や防災意識の高まりなど、急速に拡大するポータブル電源の需要を受けて、北米を中心にポータブル電源で多くの販売実績を持つJackery社と協同開発した製品。持ち運びが可能な質量で高出力/大容量を実現し、屋外でもさまざまな機器を長時間利用できるとしている。

アウトドアや非常用電源としてさまざまなシーンで活躍を想定

複数の専門機関により安全性を確認した高性能リチウムバッテリーを採用し、BN-RB6は174,000mAh/626Wh、BN-RB5は144,000mAh/518Wh、BN-RB3は84,600mAh/311Whの大容量を実現。これは消費電力12WのLED照明を灯す場合、BN-RB6では約44時間、BN-RB5では約36時間、BN-RB3では約22時間に相当する。

端子はAC100Vに加え、USB端子/DC端子も搭載。BN-RB6/BN-RB5のAC出力は定格500W/瞬間1,000Wの高出力を、BN-RB3は定格200W/瞬間400Wの出力を実現している。

上記の専門機関による試験のほか、同社独自の基準に基づく検証も実施。同社全国サービス網により、修理受付などアフターサービスも充実させるとしている。

筐体はどんな利用シーンにもマッチするようデザインされ、サンドベージュのアクセントカラーを各部に配色。バッテリー残量や入出力W数を表示できる液晶や、保管時にフラットにたためる滑り止め付ハンドルも搭載されている。

出力端子数は、BN-RB6/BN-RB5がAC×2、USB-A×3、DC12Vシガーソケット×1、DC12V 6.5mm端子×2。BN-RB3がAC×1、USB-A×2、DC12Vシガーソケット×1を搭載する。

外形寸法/質量は、BN-RB6が300W×192H×193Dmm/6.3kg、BN-RB5が300W×192H×193Dmm/6.1kg、BN-RB3が231W×168H×134Dmm/3.5kg。

関連記事