マイクロソフトが海外発表

8K/120fps対応の次世代Xbox「Project Scarlett」発表。2020年末発売

編集部:小野佳希
2019年06月10日
米マイクロソフトは、ゲーム機「Xbox」の次世代機として、8K/120fpsなどに対応する「Project Scarlett」を発表した。2020年のホリデーシーズン(※クリスマスから年末年始にかけての時期)に発売する。

次世代Xbox「Project Scarlett」の存在が明らかに

専用設計のAMDプロセッサーやDFFR6メモリーなどを搭載し、現行の「Xbox One X」比4倍の性能を実現したとのこと。ストレージにも現行の40倍高速だという次世代SSDを搭載する。

これらにより、上記のように最大8K/120fpsに対応。また、レイトレーシング(Ray Tracing)などにも対応する。

世界最大のゲームイベント「E3」にあわせて開催したカンファレンス「Xbox E3 Briefing 2019」にて発表したもの。なお「Project Scarlett」は開発コードネームで正式名称は改めて発表されるものと思われる。また、ローンチタイトルとして人気作「Halo」シリーズの最新作「Halo Infinite」が登場することもあわせて明らかにされた。

関連記事