VRとアミューズメント機器を活用

バンナム、アニメやゲームの世界に入り込めるエンタメ施設「MAZARIA」を7月オープン

編集部:押野 由宇
2019年05月29日
バンダイナムコアミューズメントは、新コンセプトのエンターテインメント施設「MAZARIA(マザリア)」を、東京・池袋サンシャインシティ ワールドインポートマートビル3階に2019年7月オープンする。

MAZARIAは、「リアルとバーチャルがまざりあう」「アニメとゲームの世界に入り込む」ことをコンセプトに開発される屋内型施設。「さまざまな形で思い描いていたアニメやゲームの興奮や驚きを全身で楽しめる場所」としており、VRゴーグルとアミューズメント機器を組み合わせた最新技術と空間演出を通して、憧れていた世界、空想の世界に入り込む感覚や感動を利用者同士で共有できるような施設になるという。

施設名称のMAZARIAとは、ゲームやアニメの世界に「まざりあう」、ゲームの中で一緒に戦った仲間に「まざりあう」など、施設で味わえる体験と共感を表す造語。バンダイナムコアミューズメントが持つアトラクション開発力、VR技術、運営ノウハウといったテーマパーク開発力を結集して開発が行われる。オープン日や導入アクティビティの詳細は、また順次発表される予定。

関連記事