「PlayStationをシームレスに進化させる」

ソニーとマイクロソフト、クラウドゲームで協業。半導体、AI分野でも

編集部:押野 由宇
2019年05月17日
ソニー株式会社とマイクロソフト コーポレーションは、新しいクラウドベースのゲーム体験やAIソリューションの開発に関する戦略的提携に向け、意向確認書を締結した。

Direct to Consumer(DTC)のエンタテインメントプラットフォームおよび AIソリューション領域において、新たな顧客体験を開発するためのパートナーシップに関するもの。これに基づき基づき、それぞれのゲームやコンテンツのストリーミングサービスでの用途を目的とした、将来のクラウドソリューションをMicrosoft Azureを活用して共同開発することが検討される。

また、ソニーのゲームやコンテンツのストリーミングサービスに、現在のAzureのデータセンターベースのソリューションの利用も検討していく。

今回の協業により、両社はそれぞれの世界中のユーザーにこれまで以上に充実したエンタテインメント体験を提供するとともに、コンテンツ制作者コミュニティに向けて、より良い開発プラットフォームを提供していくことを目指すとしている。

さらに両社は、半導体とAIの分野での協業も検討。半導体においては、新しいインテリジェントイメージセンサーの共同開発の可能性を探る。ソニーの最先端のイメージセンサーと、マイクロソフトのAzure AIテクノロジーをクラウドとエッジをまたいでハイブリッドに統合。ソニーの半導体とマイクロソフトのクラウドテクノロジーを活用したソリューションを合わせることで、より強力で便利なサービスを法人顧客向けに提供することを目指す。

またAIに関しては、直感的でユーザーフレンドリーなAI体験を提供するために、マイクロソフトの高度なAIプラットフォームとツールを、ソニーのコンシューマー製品で採用することを検討していく。

なお、ソニーはPlayStation、マイクロソフトはXboxを提供しており、ゲームハードではライバル関係にあった。また、クラウドゲームのサービスについては、Googleがストリーミングプラットフォーム「STADIA」を「Game Developers Conference 2019」にて発表している。

ソニー社長 兼 CEOの吉田 憲一郎氏は、「ソニーは、テクノロジーに裏打ちされたクリエイティブエンタテインメントカンパニーとして、世界中の人々を魅了する多くのコンテンツクリエイターに寄り添い、そして、彼らの夢やビジョンを形にするために、最先端の技術を活用した製品を提供しています。プレイステーションは、クリエイティビティとテクノロジーの融合により生まれました。私たちの使命は、このプラットフォームをシームレスに進化させ、最高で圧倒的に没入感のあるエンタテインメント体験を提供し続けるとともに、そうした体験をいつでも、どこでも楽しめるクラウド環境を提供していくことです」とコメント。

マイクロソフト CEO サティア ナデラ氏は、「ソニーは常にエンタテインメントとテクノロジーの領域でリーディングカンパニーです。本日発表したマイクロソフトとソニーの協業は、イノベーションの歴史を創るものとなるでしょう。両社のパートナーシップにより、AzureおよびAzure AIをソニ ーが活用することで、新しいゲーミングやエンタテインメント体験をお客様に提供できることを期待しています」と述べている。

関連記事