最大4灯まで接続可能

パナソニック、スピーカー付きダウンライトに多灯用子機を追加。最大36畳まで対応

編集部:押野 由宇
2019年03月05日
パナソニック(株)エコソリューションズは、スピーカーとダウンライトを一体化させた「スピーカー付ダウンライト」に多灯用子器を追加、4月21日より発売を開始する。価格は38,500円〜43,000円(税抜)。

「スピーカー付ダウンライト」に多灯用子器を追加

同社では2018年2月21日にスピーカー付ダウンライトを発売しており、既発売製品は1灯では12畳まで、2灯の場合は12〜18畳に対応していた。今回、「より広い空間に設置したい」というニーズに応え、4灯まで接続可能な多灯用子器を追加。これにより、3灯の場合は18〜27畳まで、4灯の場合は27〜36畳までの空間に対応した。

親機と多灯用子器は有線にて接続。親機はBluetooth接続に対応し、スマートフォンなどから音楽をワイヤレス再生することができる。通常のダウンライトと同等のサイズ(埋込穴直径100mm、埋込高さ100mm)でありながらも、スピーカーと照明器具の最適設計を行うことで、低域から高域までバランスのとれた音質と明るさを確保したとアピールしている。

使用イメージ

広めのリビング・ダイニングのほか、カフェや美容院などの店舗や店舗併用住宅などへの展開も可能としている。なお、本製品は本日3月5日から3月8日まで、東京ビッグサイトで開催される「ライティング・フェア2019(第14回国際照明総合展)」に出展される。

関連記事