スマホアプリの操作も改善

パナソニック、音声操作に対応したスピーカー搭載の新LEDシーリングライト「AIR PANEL LED THE SOUND」

編集部:成藤 正宣
2019年01月23日
パナソニックは、Bluetoothスピーカー内蔵のLEDシーリングライト「AIR PANEL LED THE SOUND」の新製品として、新たに同社のスマートスピーカー “コエリモ” (関連ニュース)を介した音声操作などに対応した2モデルを、2月下旬より発売する。いずれもオープン価格。

●〜12畳モデル「HH-XCD1288A」:予想実売価格75,000円前後
●〜8畳モデル「HH-XCD0888A」:予想実売価格65,000円前後

Bluetooth内蔵LEDスピーカーから音声入力対応モデルが発売

昨年2月に発売した従来モデル(関連ニュース)では照明の操作と音楽再生の操作を個別に行う必要があったが、今回それらを一括操作できるように改善。「くつろぎ」「パーティー」など生活シーンに応じた照明の光量/色温度に、スマートフォン内の音楽から作成したプレイリストを紐づけ、スマートフォンアプリ「あかリモ」からワンタッチで呼び出すことが可能となった。

スマホアプリで光も音も一括して操作できるよう見直しが図られた

また、同社のスマートスピーカー “コエリモ” 「SC-GA1」との連携機能を搭載。照明の点灯/消灯、調光、調色、音楽再生などの機能を、コエリモへの音声入力によって呼び出すことができる。そのほか、パネル天面にも独自の防汚コーティング「キレイコート」を施し、メンテナンス性も向上させたとしている。

内蔵スピーカーはバスレフ方式・コーン型の3×9cmフルレンジスピーカーを2基を搭載し、出力は5W+5W。BluetoothはVer2.1+EDR、コーデックはaptX Low Latency/SBCに対応する。

12畳モデル「HH-XCD1288A」の全光束は5,499lm、消費電力は46.7W。8畳モデル「HH-XCD0888A」の全光束は4,299lm、消費電力は37W。

2モデルとも共通して、光色は6,500K〜2,700Kの間で調節可能で、演色性はRa83。外形寸法は5,500W×990H×712Dmm、質量は4.9kg。

関連記事