各社の赤外線リモコンコードをクラウド上に用意

パナソニック、幅広い家電を声で操作できるスマートスピーカー「コエリモ」

編集部:小野佳希
2019年01月23日
パナソニックは、各社の赤外線リモコンコードをクラウド上に用意することで各種家電の音声操作連携を行いやすくしたGoogleアシスタント搭載スマートスピーカー“KOE REMO”(コエリモ)「SC-GA1」を2月下旬に発売する。オープン価格だが25,000円前後での実売が予想される。

“KOE REMO”(コエリモ)「SC-GA1」

GoogleアシスタントおよびChromecast built-inに対応するスマートスピーカー。各種家電のスイッチオン/オフ、音量/温度/明るさの調整などを声で行える。

他社製品も含めた様々な家電を音声で操作可能

赤外線(IRリモコン)を利用する各種家電との連携も可能にすることで、ネットワーク非対応家電も音声コントロール可能な点が特徴のひとつ。Googleアシスタント搭載スマートテレビなどだけでなく、より幅広い家電と連携できるようにした。

各社のIRリモコンコードをクラウド上に用意し、初期設定を簡単に行えるように配慮。発売当初は、テレビではパナソニック/東芝/ソニー/シャープ、エアコンではパナソニック/三菱/ダイキン/日立/コロナといった具合に各社のリモコンコードを用意する。なお照明はパナソニック製LED照明のみの対応となる。

なお、Google以外のサードパーティ製スマートスピーカーでは例えばテレビのスイッチをつける際に「OKグーグル、(スマートスピーカー名)でテレビをつけて」などと言った具合にスマートスピーカーやハブとなる製品名も発話する必要があるが、本機では不要。「OKグーグル、テレビをつけて」など、Google Homeと同様の音声操作が行える。

また、赤外線での家電連携においては広い部屋での使用にも配慮してIR性能を強化。赤外線を透過しやすいスマート材料を帯状に配置してデザイン面と減衰最小化の両立を図っているほか、高輝度LED(IR)を正面/背面/左右両面/天向きの各面に配置した上で、駆動電圧に余裕をもたせることで少ないLEDで他社同等以上の送信距離を実現している。これらにより、送信可能距離10m以上を実現し、20畳以上のリビングでも信号が部屋全体に届くという。

音声認識のためのマイク性能も強化。ラバーオーナメント/キャビネット/基板の各部品間にガスケットを追加してエア漏れを遮断することで外部からのノイズを抑制したり、基板の穴を斜めにカットすることで共振点を可聴帯域外にシフトさせることなどで、音楽再生中などでも高い音声認識率を実現させたとしている。

そのほかWi-FiおよびBluetoothにも対応。もちろんBluetoothスピーカーとしても利用できる。また、パナソニック製LED照明とはBluetooth方式の独自連携機能を搭載。音と照明を連動させた空間演出も行える。

関連リンク

関連記事