IMAX歴代1位にも

『ボヘミアン・ラプソディ』、興収94億円突破で2018年公開映画ランキング1位に

編集部:風間雄介
2019年01月15日
伝説のバンド、クイーンとそのボーカリスト、フレディ/マーキュリーを描いた映画『ボヘミアン・ラプソディ』。公開から10週目に入り、興行収入94億円を突破して、2018年公開の邦画・洋画あわせた作品興行収入ランキング1位となった。なお、2位は累計92.3億円の『劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』。

『ボヘミアン・ラプソディ』(C)2018 Twenty Century Fox 大ヒット上映中 配給:20世紀フォックス映画

また『ボヘミアン・ラプソディ』は、IMAXでの日本歴代興行収入ランキングでも『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』『アバター』を上回り、歴代1位となっている。

関連記事