「オンガクの結晶〜ULTIMATE EXPERIENCE〜」

ソニー、ウォークマンZX1等でのハイレゾ体験イベント − 音を可視化してのアート展示など

ファイル・ウェブ編集部
2013年11月28日
ソニーは、「ウォークマンZX1」などでハイレゾ音源を体験できるほか、音を特殊な装置によって可視化し、ウォークマンが奏でる音をアート作品として展示する「オンガクの結晶〜ULTIMATE EXPERIENCE〜」を12月5日から12月8日まで東京ミッドタウンにて開催する。


同イベントでは、高帯域の音源により様々に姿を変える振動を、特殊な技術により波紋形状として可視化する「クラドニ図形」を活用しており、その図形の変化と、音と光のコラボレーションによるアート作品を見ることができる。

クラドニ図形とは、音と物質との間にある固有振動数の原理を使ってできる図形。砂をまいた床に音の振動を与えると、共鳴周波数に応じた神秘的な幾何学模様が浮かび上がる。

併せて、ハイレゾ音源対応のウォークマン ZX1やFシリーズなどを体験できるブースも展開。ZX1については発売に先駆けて製品を体験できる機会となる。

なお、初日にはオープニングセレモニーとしてシシド・カフカさんによる視聴体験&トークショーも実施。また、イベントに先駆けてスペシャルムービー「オンガクの結晶 〜ULTIMATE EXPERIENCE〜」も公開している。

関連記事