Reader Storeではカラーコンテンツ取り扱い開始

ソニー、Sony Tablet用アプリ3種類を提供開始 − ePUB3対応のReaderアプリやPetaMapなど

ファイル・ウェブ編集部

前のページ 1 2 次のページ

2011年10月28日
ソニーは、“Sony Tablet”の電子書籍アプリ「Reader for “Sony Tablet”」をバージョンアップ。新たにXMDF/.book/ePUB3に対応するなどした「バージョン2」をAndroid Marketにて提供開始した。また、あわせてSony Tablet Pシリーズ専用アプリ「PetaMap ガイド&ナビ」と「“ビデオチャット for Sony Tablet - plugged into Skype"」も提供開始したほか、Sony Tablet SDK公開サイトも開設した。いずれのアプリもSony Tablet発表時にその存在が明らかにされていたもので(関連ニュース)、実際にダウンロードが行えるようになった格好だ。

■Reader for “Sony Tablet”

アプリ「Reader for “Sony Tablet”」のバージョンアップにより、対応フォーマットがこれまではPDF/ePUB2だけだったが、新たにXMDF/.book/ePUB3に対応する。また、Reader Storeで購入したコンテンツを閲覧できるようにもなる。

Sシリーズでの表示

Pシリーズでの表示

また、アプリのバージョンアップに合わせて電子書籍販売サイト「Reader Store」もリニューアル。現在は書籍とコミックを同じページ内で紹介しているが、総合トップに加えて書籍/コミック/雑誌/の各カテゴリートップページを設け、スムーズに検索できるようにした。

さらに、Reader StoreではePUB3形式のコンテンツ販売も開始。雑誌や絵本、写真集やムックなどのカラーコンテンツをePUB3形式で10月中に約200冊以上取り扱う予定。将来的にはePUB3形式のコミックやソニー向けオリジナルムックなども取り扱うという。

なお、Reader Storeで購入したコンテンツはSony TabletとReaderの両方で閲覧可能。ただしカラーコンテンツはReaderで読むことはできない。

そのほか、購入金額に応じてステータスがアップし獲得ポイントで得をできるなどの優待プログラムも11月下旬より開始する予定だともしている。

■PetaMap ガイド&ナビ

グルメスポットなどの情報を検索できる地図サービス「PetaMap」を、Sony Tablet Pシリーズ用に特化させたアプリ。Pシリーズの2画面を活かすための各種機能を盛り込み、本体を縦に持って使う手帳風のインターフェースを採用している。

Pシリーズを縦持ちで使用

旅の予定や写真も保存可能な「おでかけプラン」機能

前のページ 1 2 次のページ

関連記事