「KDL-32EX700」をモニタープレゼント

ソニー、モニタープレゼントや日本代表戦ツイートなど“BRAVIA”のインターネット機能PRキャンペーンを実施

ファイル・ウェブ編集部
2011年06月01日

EX700シリーズ
ソニーは、液晶テレビ“BRAVIA”に搭載されたインターネット機能のプロモーションとして「KDL-32EX700」のモニターキャンペーンと、サッカー日本代表の試合をTwitterでの解説とともに観戦する「〈ブラビア〉ハッシュタグプロジェクト」を実施する。

■あなたなら、インターネットテレビで何をする? モニターキャンペーン
・応募期間: 2011年6月1日(水)〜6月12日(日)

YouTubeやTwitterなどのインターネット機能を試し、モニター期間内にアンケートへの回答したユーザーへ「KDL-32EX700」をプレゼントするキャンペーン。「KDL-32EX700」のほかにUSB無線LANアダプター「UWA-BR100」とSkype用カメラ「CMU-BR100」も提供する。

モニター期間は、モニター製品到着後から2011年7月31日(日)まで。応募にはTwitterアカウント、およびキャンペーン公式Twitterアカウント@braviajp_nettvのフォローと、ハッシュタグ(#braviajp_nettv)をつけたツイートが必要。当選者にはTwitterのDMで通知する。そのほか詳細は特設ページで確認できる。

■Twitterでサッカー日本代表を応援!〈ブラビア〉ハッシュタグプロジェクト

テレビ放送とTwitterとの組み合わせの楽しさをプロモーションする企画。ゲストにセルジオ越後氏を招き、6月7日に行われるサッカー日本代表の観戦ツイートやスタジアムレポートなどをハッシュタグとともに発信する。ハッシュタグなどの詳細は試合前日の6月6日に特設ページにて発表される。

関連記事