作品購入可能。売上は全額寄付

プロ写真家50名以上が参加、被災者支援のチャリティー写真展が開催

ファイル・ウェブ編集部
2011年04月15日
プロ写真家50名以上が参加する、被災者支援のチャリティー写真展が4月25日(月)〜5月7日(土)まで、新宿のヨドバシカメラフォトギャラリーで開催される。

特定団体に所属しているグループ展ではなく、「写真のチカラで東北を救おう」という趣旨に賛同した、プロ写真家有志がそれぞれの作品を持ち寄る。プリント作品とともに、各写真家からの被災者へのメッセージも掲載される。

作品はA3プリントを中心に展示し、100点以上を予定。展示するだけでなく、1点15,000円(フレーム付き)で販売し、売上全額を日本赤十字社を通して寄付する。

【イベント概要】

●名称
「東北地方太平洋沖地震被災者支援チャリティー写真展」〜写真のチカラで東北を救おう!〜

●主催
「東北地方太平洋沖地震被災者支援 チャリティー写真展」実行委員会

●会期
4月25日(月)〜5月7日(土)。11〜20時。最終日18時まで。会期中無休

●会場
ヨドバシカメラフォトギャラリー「INSTANCE」(MY新宿第2ビル地下1階)
http://www.yodobashi.com/ec/support/news/1213373439033/index.html

●内容
 各写真家の作品を、A3プリントを中心に展示、 1点15,000円で、展示作品を販売(フレーム付き)
 作品受け渡しは、会期最終日に会場で手渡し、もしくは着払いでの宅配便で発送
 参加写真家50名以上、展示点数100点以上

●募金内容
 チャリティー写真展での売り上げを全額、日本赤十字社を通して、義援金として寄付

●作品出展写真家
石川梵、井村淳、岩木登 、魚住誠一、大西みつぐ、大山謙一郎、岡本洋子、川合 麻紀、金武武、川北茂貴、川畑崇、工藤智道、小城崇史、小澤太一、小林義明、斉藤勝則、斉藤巧一郎、斎藤友覧、佐口正章、鹿野貴司、鹿野宏、清水哲朗、諏訪光二、田中達也、玉内公一、土屋勝義、鶴巻育子、戸塚学、中井精也、永嶋サトシ、那和秀峻、萩原俊哉、萩原史郎、秦達夫、八二一、早川廣行、林雅之、福田幸広、藤井智弘、伏見行介、松本明彦、水本俊也、宮崎麻衣子、宮沢あきら、茂手木秀行、桃井一至、山岸伸、山田實、山田久美夫、湯浅立志、吉住志穂(順不同・敬称略。4月14日20時現在)

●会場提供
株式会社 ヨドバシカメラ

●プリント・額装協力・協賛
キヤノン株式会社 / キヤノンマーケティングジャパン株式会社、セイコーエプソン株式会社 / エプソン販売株式会社、富士フイルム株式会社

●協賛
オリンパスイメージング 株式会社、ジェネラル・イメージング・ジャパン株式会社、株式会社 シグマ、株式会社 タムロン、株式会社 ニコンイメージングジャパン、パナソニック 株式会社、HOYA 株式会社 PENTAXイメージング・システム事業部、株式会社 リコー

●額装協力
株式会社 フレームマン
(社名はすべて50音順・敬称略・4月14日15時現在)

●問い合わせ先
チャリティー写真展事務局(山田久美夫 digitalcamera.jp@gmail.com

関連リンク

関連記事