ソニーの3D技術でピングーと一緒に3Dの世界を堪能

銀座ソニービルにてピングーの360度立体アニメやオリジナル3D映像などを楽しめるイベント開催

ファイル・ウェブ編集部
2011年01月14日
東京・銀座のソニービルにて、人気キャラ“ピングー”とソニーの3D技術を活用したバレンタインイベント「ピングー Happy バレンタイン」が開催される。期間は1月28日から2月14日まで、開催時間は11時から19時まで。

バレンタインイベント「ピングー Happy バレンタイン」

期間中、ソニービル8FのコミュニケーションゾーンOPUSでは、南極をイメージした空間内に、ソニーの3D技術を活用し、ピングーと一緒に楽しめる展示が登場。200インチの大画面で、本邦初公開の3Dクレイアニメなどを含むピングーの3D映像を楽しむことができる。さらに、ハンディカムやサイバーショットを使用して、ピングーと一緒に3Dの世界を堪能できるという。

体験できるコンテンツは以下のような内容だ。


3D Welcome Movie 〜3Dになったピングーに会いにいこう〜
■3D Welcome Movie 〜3Dになったピングーに会いにいこう〜

ピングーの新作オリジナル3D映像の他、本邦初公開の3Dクレイアニメも限定公開。OPUSの200インチの大画面を通して、アニメの世界のピングーが、現実世界に飛び出してきたかのように、目の前で動き回る。

■ピングーと仲間たちと一緒に3D体験!

・「PINGA 3D PARK」
南極をイメージした公園の中で、フルハイビジョン3D映像撮影を実現したデジタルハイビジョンビデオカメラ“ハンディカム”を使って3D撮影を体験。さらに公園内では、デジタルスチルカメラ“サイバーショット”のTouch & Tryコーナーを設け、カメラの液晶で3D写真が楽しめる撮影モード「スイングマルチアングル」も試せる。

・「3D LOVE PHOTO」
ハートが溢れる空間に、ピングーとピンギの仲良しカップルが登場。デジタルスチルカメラ“サイバーショット”に新たに搭載された「3D静止画」を使用し、ピングーとピンギと一緒にバレンタイン記念撮影ができます。


360度立体映像を楽しめるRayModeler
■360度PINGU with RayModeler

360度どの方向からも立体映像を見ることができる“RayModeler(レイモデラー)”にて、ピングーの立体クレイアニメを視聴できる。平面ディスプレイとの連携によるインタラクティブなデモを実現し、ピングーが2次元のアニメーションの世界からあたかも飛び出びだしてきたかのように “RayModeler(レイモデラー)”で目の前に再現される。

■イベント限定ショップ

・スタンプラリー(全館)
:館内4か所でスタンプを集めると、イベント限定のオリジナルステッカーをプレゼント

・ステッカープレゼント
:館内6店舗で限定メニューや商品を購入すると各店舗で異なるオリジナルステッカーをプレゼント

・ピングーグッズ抽選会
:2月12〜14日の3日間にて、ピングーのグッズが当たる抽選会を実施。

・ピングーとピンギと一緒に記念写真を撮ろう!(1階 エントランスホール)
:「ピングー Happy バレンタイン」をイメージしたピングーとピンギと一緒に写真を撮れる撮影スポット。

・ピングーと仲間たちのバレンタインディスプレイ展示(1階 ショーウインドウ「サーフェス」)

・公式Tiwtterとの連携
:イベント用公式アカウント「@opus_event」をフォローしてくれた人にイベントオリジナル壁紙(PC用)を期間限定でプレゼント。

関連記事