監督はポール・W・S・アンダーソン

ソニー・ピクチャーズ、3D映画「バイオハザード IV」を9/1から世界同時公開

ファイル・ウェブ編集部
2010年03月04日
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントは、ミラ・ジョヴォヴィッチ主演映画「バイオハザード」の第4作目となる「バイオハザードIV(英題/Resident Evil:Afterlife)」を3Dで公開すると発表した。9月10日から丸の内ピカデリーほか全世界同時公開する。


写真は「バイオハザードIII」のワンシーン
主演のアリスを演じるミラ・ジョヴォヴィッチのほか、「プリズン・ブレイク」でブレイクしたウェントワース・ミラー、「HEROS/ヒーローズ」のアリ・ラーターなど旬のキャストが共演。監督はシリーズ第1作で監督を務め公私共にミラのパートナーでもあるポール・W・S・アンダーソンが再び担当。ストーリーのはじまりは東京が舞台になるという。
  • トピック
  • 3D

関連記事