「FTZ II」は年内発売

ニコン、ミラーレス用レンズ「100-400mm f/4.5-5.6」「24-120mm f/4」を来年2月発売

  • Twitter
  • FaceBook
編集部:平山洸太
2021年10月28日
ニコンは、同社フルサイズミラーレスカメラ対応のレンズ2本「NIKKOR Z 100-400mm f/4.5-5.6 VR S」「NIKKOR Z 24-120mm f/4 S」を2022年2月に発売する。価格は100-400mmが385,500円(税込)、24-120mmが154,000円(税込)を予定。

「NIKKOR Z 24-120mm f/4 S」

「NIKKOR Z 100-400mm f/4.5-5.6 VR S」

Z 100-400mm f4.5-5.6 VR Sは、NIKKOR Z S-Line初の超望遠レンズ。テレコンバーターを使用することで、最大800mmまでカバーできる。レンズ構成は20群25枚で、うちEDレンズ6枚、スーパーEDレンズ2枚を使用。ナノクリスタルコートやアルネオネオコート、最前面にはフッ素コートも施されている。

クラス最短となる0.75mの最短撮影距離を広角端で実現。レンズ内に、5.5段の手ブレ補正も内蔵する。また、STM(ステッピングモーター)を採用したマルチフォーカス方式により、高速・高精度・静粛なAF駆動も追求した。

新開発の重心移動レス機構を採用。レンズの前玉が前方に動くタイミングで後方の一部レンズを後退させることで、重心移動や自重落下を抑制するという。なお、重心移動量は3脚ネジ穴よりも小さい約3mm。また、鏡筒にはシーリングを設けるなど、防塵防滴性能も備える。外形寸法は約φ98×222mmで、三脚座を含む質量は約1435g。

またZ 24-120mm f/4 Sは、クラス最軽量の630gを実現した標準ズームレンズ。レンズ構成は13群16枚で、うちED非球面レンズ1枚、非球面レンズ3枚を使用。ナノクリスタルコートやアルネオネオコート、最前面にはフッ素コートも施されている。

最大撮影倍率は0.39倍/最短撮影距離0.35mで、クローズアップ撮影にも対応。AFにはスムーズにピントが合うマルチフォーカス方式を採用する。また、鏡筒にはシーリングを設けるなど、防塵防滴性能も備える。外形寸法は約φ84×118mmで、質量は約630g。

加えて、従来のFマウントレンズを使用するためのアダプター「FTZ II」を年内に発売する。価格は36,300円。FTZ同様に約360種類のFレンズを使用可能だが、三脚座を取り除くことで、縦位置撮影を邪魔しない設計を採用する。寸法は約φ70mmで、質量は約125g。

「FTZ II」

関連記事