3種類のモジュラーアクセサリーも

GoPro、機能強化と軽量化を両立させた新モデル「HERO8 Black」

編集部:小野佳希
2019年10月02日
GoProは、進化した手ブレ補正機能HyperSmooth 2.0を搭載するなどした新モデル「HERO8 Black」と、デュアルレンズ搭載で360度撮影も可能なカメラ「GoPro MAX」を10月25日より発売する。価格は「HERO8 Black」が55,880円で、「GoPro MAX」が67,100円(いずれも税込)。また、発売や価格は未定だが3種のモジュラーアクセサリーもあわせて発表した。

GoPro HERO8 Black

本稿では「HERO8 Black」とモジュラーアクセサリーについて紹介する。「GoPro MAX」については別項で紹介している。

■撮影機能の強化と軽量化を両立させた新モデル「HERO8 Black」

「HERO8 Black」は、ピッチ軸の安定性を改善するとともに、すべてのフレームレートと解像度で使用できるようにした手ブレ補正「HyperSmooth 2.0」を搭載。4K/60pおよび1080/240p、最大100Mbpsでの動画撮影ができる。

また、折りたたみ式マウントフィンガーを内蔵し、フレームレスマウントの新デザインにすることで14%の軽量化に成功。フレームレスデザインによって、バッテリーとSDカードを素早く交換できるようしたほか、レンズの耐衝撃性も2倍に向上している。なお防水性能はハウジングなしで水深10mまで対応している。

HyperSmooth 2.0機能には新たにブーストモードも備え、必要に応じて安定化機能の精度をさらに上げることも可能。アプリでのホライゾンレベリング(水平ロック)も備えている。加えて、GoProアプリ経由のブロードキャスト時にHyperSmooth機能が使用可能にもなった。

また、動き、シーン検出、光量に基づいて速度が自動的に調整されるTimeWarp 2.0機能も搭載。ワンタップで速度をリアルタイムにスローダウンすることができ、再度タップすることで再び速度アップとなる。

スーパーフォト機能にも改良を加え、ゴーストのないHDR アクション写真を実現したとのこと。新機能では「LiveBurst」も搭載し、シャッターの前後に1.5秒を記録し、その中から1枚のベストフレームを選んで12MPの写真にしたり、4K 4:3ビデオとして保存することができる。静止画撮影ではそのほか、RAWモードがタイムラプスや連写でも利用できるようになった。

さらに、狭角、リニア、広角、そして最も広く臨場感あふれるGoPro独自の視野角だという「SuperView」を切り替えられるデジタルレンズ機能を搭載。「標準」「アクティビティ」「シネマティック」「スローモーション」などの撮影プリセットも搭載するほか、撮影設定は10種類までカスタマイズすることもできる。

フロントマイクの位置変更と最新のアルゴリズムによって、ウィンドノイズ低減機能も強化。また、音声コントロール機能も備え、「GoPro 写真」など14種類の音声コマンドでハンズフリー操作ができる。

■3種類のモジュラーアクセサリー

モジュラーアクセサリーは、メディアモジュラー、ディスプレイモジュラー、ライトモジュラーの3製品で、いずれもHERO8 Black用。

メディアモジュラーは、指向性を持つショットガンマイクを追加できるというもの。Type-C、HDMI、3.5mm外部マイクアダプターポートに加え、追加アクセサリー用に2つのコールドシューマウントを搭載している。

メディアモジュラー

ディスプレイモジュラーは、上記メディアモジュラーの上部に取り付けられる折り畳み式の1.90インチディスプレイ。撮影時のモニターとして利用できる。

ディスプレイモジュラー

ライトモジュラーは、水深10mの防水性を装備。メディアモジュラーにマウントすることも、GoPro マウントに直接取り付けることもでき、HERO8 Blackでの撮影時に照明を柔らかくするディフューザーが付属する。

ライトモジュラー

関連リンク

関連記事