電子ビューファインダーも装備

パナソニック、光学30倍ズーム搭載のデジタルカメラ“LUMIX ”「DC-TZ95」。自撮りにも対応

編集部:平山洸太
2019年04月08日
パナソニックは、光学30倍の高倍率ズームを搭載したデジタルカメラ「LUMIX DC-TZ95」を4月25日に発売する。価格はオープンだが、55,000円前後での実売が予想される。カラーはホワイトとブラックの2色。

DC-TZ95(ホワイト)

DC-TZ95(ブラック)

LEICA DC VARIO-ELMARレンズ搭載。広角24mmから720mm(35mm判換算)といった光学30倍のズームに対応し、被写体から3cmまでのマクロ撮影もできる。構成は9群12枚で、うち10面5枚の非球面レンズが使用される。

撮像素子には、20.3メガピクセル・1/2.3型の高感度CMOSセンサーを搭載する。画像処理エンジンには「ヴィーナスエンジン」を採用することで、高感度撮影で起こりやすいノイズの発生を低減し、光量の少ない夜景などの暗いシーンも明るく綺麗に撮ることができるとしている。

背面モニターは、自分撮りも可能な180度のチルト液晶。自分撮りモードなどのビューティー効果にも対応する。タッチ操作にも対応しており、解像度は約104万ドット、アスペクト比は3:2。また約233万ドット相当・倍率0.53倍の電子ビューファインダーも備える。望遠での撮影時に見失った被写体をズームアウトして素早く探すことのできる「ズームバック機能」にも対応する。

一連の動きを1枚の写真に合成する「4Kフォト軌跡合成」を搭載。背景も広く写すことができる「広角4Kセルフィー(4K連写・広角)」にも対応し、被写体の動きや顔を自動検出する「4Kフォトオートマーキング」も備える。

そのほか、連写は約10コマ/秒(AFS時)が可能となっており、動画では4K30pやハイスピード動画の撮影に対応。表現したいイメージを22種類から選べる「クリエイティブコントロール」を備え、撮影後にフォーカス位置を選べる「フォーカスセレクト&フォーカス合成」にも対応する。

外形寸法は約112.0W×68.8H×41.6Dmmで、質量は約328g(本体・バッテリー・メモリーカード含む)・約286g(本体のみ)。静止画の連続撮影枚数ははモニター時で約380枚、ファインダー時では約250枚。またBluetooth 4.2を搭載を搭載することで、スマートフォンとのかんたんペアリングやカメラとの常時接続にも可能。パソコンからも充電が行えるUSB充電にも対応する。

関連記事