富士フイルム初のプロジェクターも

<CP+>リコーの高級コンパクトカメラ「GR III」が体験可能/富士フィルムの1億画素中判カメラが展示

編集部:平山洸太
2019年02月28日
カメラの総合展示会「CP+ 2019」が開幕した。本日2月28日より4日間、神奈川・パシフィコ横浜にて開催される。本稿では、リコー、オリンパス、富士フィルムのブースをレポートする。

■リコー

「GRシリーズ」の歴代モデルが並んだ

リコーブースの様子

リコーでは、3月下旬発売となるハイエンドコンパクトデジタルカメラ「GR III」のタッチ&トライを実施。スナップに特化したGRシリーズの最新機となるモデルで、シリーズとして初めて手ぶれ補正を搭載している。今回の出展が、製品発表後に一般で触れる初の機会ということもあり、多くの来場者が列に並んでいた。

「GR III」。体験には5分間の上限が設けられていた

タッチ&トライは人気

また今週発表された360度カメラ「THETAシリーズ」のフラグシップで、1.0型センサーを備えたモデル「THETA Z1」(関連ニュース)も出展。

「THETA Z1」

THETAの歴代モデルが並ぶ

そのほか同ブースではPENTAXブランドで展開する一眼レフなど、同社の様々な製品を体験することができるようになっていた。

PENTAXブランドのレンズが並ぶ。同ブランドの一眼レフなども体験可能だ


一眼レフ「KP」用のアクセサリーが参考出展。この中から1つのタイプを販売する予定だという
■オリンパス

オリンパスでは、発売されたばかりの新機種である、最高7.5段の手ぶれ補正に対応したミラーレス一眼カメラ「E-M1X」(関連ニュース)のタッチ&トライコーナーを展開。

「E-M1X」

「E-M1X」に「M.ZUIKO DIGITAL ED 400mm F4.0 IS PRO」を装着した状態のカットモデル

また参考出展として、2020年発売予定の望遠ズームレンズ「M.Zuiko Digital ED 150-400mm F4.5 TC 1.25x IS PRO」と、2019年9月発売予定のテレコンバーター「M.Zuiko Digital 2x Teleconverter MC-20」が展示。特に望遠ズームレンズの方は試作段階となっており、ここから見た目など変わる可能性もあるという。

「M.Zuiko Digital ED 150-400mm F4.5 TC 1.25x IS PRO」(奥)、「M.Zuiko Digital 2x Teleconverter MC-20」(手前)

プロによるセミナーも実施

そして昨年に引き続き、発売の予定はないという試作機も出展。今年は真鍮を用いたOM-Dのコンセプトモデルが展示されていた。

真鍮を用いたOM-Dのコンセプトモデル

背面


昨年のCP+で出展されたモデルも展示
■富士フイルム

富士フイルムからは、ミラーレスデジタルカメラ「Xシリーズ」の最新モデル「FUJIFILM X-T30」(関連ニュース)が出展された。3月下旬発売予定となっているモデルで、APS-Cサイズセンサーを備えたデジタルカメラとして最高クラスという2,610万画素という高解像と、優れたノイズ低減性能を実現したとしている。

「X-T30」

背面

また昨年の9月に開発発表された、中判ミラーレスデジタルカメラ「GFXシリーズ」の1億2百万画素センサーを搭載したモデル「GFX 100Megapixels Concept」(関連ニュース)が参考出展。ガラスケースの中に入っており動作は確認できなかったものの、多くの来場客の目を集めていた。

背面

「GFX 100Megapixels Concept」

そしてブースの1角では、同社初のプロジェクター「FUJIFILM PROJECTOR Z5000(FP-Z5000)」(関連ニュース)が出展、デモも実施された。

「FP-Z5000」

関連リンク

関連記事