2019年秋の発売予定

パナソニック、世界初の「8K有機センサー」搭載カメラシステムを開発

編集部:平山洸太
2018年10月26日
パナソニックは、世界初の8K有機センサーを搭載する「8Kカメラシステム」の開発を発表した。

8Kマルチパーパスカメラ「AK-SHB810」

イメージプロセッシングユニット「AK-SHU810」

8Kマルチパーパスカメラ「AK-SHB810」とイメージプロセッシングユニット「AK-SHU810」から構成され、ともに2019年秋の発売予定となる。

AK-SHB810は、PLレンズマウントを採用した小型軽量のボックスタイプカメラで、世界初となる8K有機センサーを搭載する。

新開発の有機センサーは光電変換部に有機薄膜を用いることで、電荷蓄積部を下層に配置した積層構造を実現。それぞれが完全に独立した構造により、光電変換と電荷蓄積をともに効率的に両立する。これにより受光部の面積が拡大し、明暗差に対応した広ダイナミックレンジの実現を図っている。

全画素を同時露光するグローバルシャッターを搭載し、ローリングシャッターモード時のスキュー(高速で動く被写体でスキュー歪が発生する現象)、フラッシュバンド(露光中のフラッシュにより画面の上下で明暗差が生じる現象)がない、正確な撮像を可能にした。

電子NDフィルター機能を搭載。有機センサーは有機薄膜に加える電圧を制御することで感度を変更できるため、連続的な無段階の感度設定が可能だという。

イメージプロセッシングユニットとカメラユニットは、光ファイバーケーブルで接続し、8K/4K/HDの映像出力が可能。従来以上に高画質な8K映像と小型軽量なマルチパーパスカメラの汎用性により、放送と映像制作の幅広い用途に対応すると説明している。

なお本開発機は、2018年11月14日から16日まで千葉県・幕張メッセで開催される、2018年国際放送機器展「Inter BEE 2018」に参考出展される。

関連記事