4Kレコーダーや4K対応スイッチャーも

パナソニック、8K対応レコーダーの試作機を開発 - AVC-ULTRAに対応

編集部:小澤貴信
2016年11月04日
パナソニックは、8Kスーパーハイビジョンレコーダー「AJ-ZS0580」と4Kレコーダー「AJ-URD100」の試作機を開発したと発表した。

8Kレコーダー「AJ-ZS0580」と4Kレコーダー「AJ-URD100」

同社はこれまでも8K-DualGreen方式の8Kメモリーカードレコーダーを開発するなど4K・8K対応への取り組みを行ってきたが、東京オリンピックが開催される2020年に向け4K・8K放送が普及することを見据え、AVC Intraコーデックに対応するなどさらに実用性を高めた8Kスーパーハイビジョンレコーダーと4Kレコーダーを開発したという。

8KスーパーハイビジョンレコーダーのAJ-ZS0580は、AVC-ULTRA(AVC-Intra 4:2:2)対応で、8K-YPbPr方式/59.94pの入出力(12G-SDI×4)を搭載。放送用半導体記録メディアであるexpressP2カード、およびmicroP2カードに8K記録が可能となる。HD同時記録や4KおよびHDの同時出力も行える。

4KレコーダーのAJ-URD100は、AVC-ULTRA(AVC-Intra 4:2:2)対応で、4K/59.94pの入出力(12G-SDI×1/3G-SDI×4)を搭載。expressP2カードに4K記録を行う。

パナソニックは2020年を見据え、実運用に耐えうる4K・8Kに対応する機器・システムを開発、放送番組の高画質化および放送業務の効率化をサポートし、放送業界の発展に貢献するとしている。

また、4Kおよび2Kでの大規模入出力に対応する大型スイッチャー「AV-HS8300」の試作機の開発も合わせて発表された。AV-HS7300の上位モデルで、4Kモード(HDR対応含む)で最大80入力/40出力、4ME+4DSKが可能。従来の2K運用と同等の機能、性能を高速4K処理技術で実現する。

4K映像伝送は12G-SDIを標準採用しており、4Kマイグレーションも容易となる。2Kモードでは最大160入力/80出力、8ME+8DSKが可能であり、大規模番組制作にも対応するといている。

さらに4K対応ルーティングスイッチャー「AV-WM8400」と4K対応ペリフェラル「AV-PF8000」も同時に開発。4K映像伝送には、AV-HS8300と同じく12G-SDIを標準採用。同軸ケーブル1本による信頼性の高い4Kスタジオシステムの構築が可能になるという。

なお、いずれの製品も本機は11月16日(水)から千葉県・幕張メッセで開催される国際放送機器展「InterBEE2016」に出展する。。

関連記事