実売14万円前後

ソニー、200mmズーム/世界最速AFの高級コンパクトデジカメ「RX100 VI」

編集部:川田菜月
2018年06月06日
ソニーは、RX100シリーズでは初となる、新開発の24 - 200mm F2.8 - 4.5ズームレンズを搭載し、世界最速となる0.03秒の高速AFを実現した、高級コンパクトデジタルカメラ“RX100 VI”「DSC-RX100M6」を6月22日から発売する。予約受付は6月12日10時から開始、価格はオープンだが140,000円前後での実売が想定される。

「RX100 VI」

RX100 VIは、メモリー一体1.0型積層型CMOSイメージセンサー「Exmor RS」と、従来比約1.8倍の高速処理を実現した画像処理エンジン「BIONZ X」を搭載したRX100シリーズの第6世代モデル。

BIONZ Xと高速フロントエンドLSIの組み合わせによりAF/AE検出速度・精度を向上、最高24コマ/秒の高速連写も可能とのこと。瞳を検出してオートフォーカスする「瞳AF」機能は従来比で約2倍の検出精度・速度を実現したとしている。

像面位相差検出AF方式と高精度なコントラストAF方式を併用するファストハイブリッドAFシステムを搭載。レンズ駆動制御を最適化し、世界最速となる0.03秒の高速AFを可能にしたという。

広角から望遠までをカバーする、新開発のZEISS Vario-Sonnar T 24-200mm F2.8-4.5 高倍率ズームレンズを搭載。高倍率かつ12群15枚の多枚数レンズを持ちながら、8枚の非球面レンズを効果的に配置することで小型化を実現。独自の高度非球面AA(advanced aspherical)レンズ4枚と2枚のED(特殊低分散)ガラスを採用した非球面レンズにより、望遠撮影時に目立ちやすい色収差を補正する。

最大4.0段の光学式手ブレ補正機能や画像処理アルゴリズムにより、望遠や暗所でも手ブレを抑えた高画質撮影を実現するとのこと。また、タッチフォーカス/タッチパッドAF機能や、タッチシャッター機能も搭載し、直感的な操作も可能とのこと。

約65%の撮像エリアに315点の像面位相差検出AF12センサーを配置。また「α6500」や「RX10 IV」に搭載している高密度AF追従テクノロジーを、RX100シリーズとして初めて搭載し、複雑な動きをする動体の追従性能も向上させたという。

バッファメモリーを大容量化し、最大233枚の連続撮影が可能(画質「ファイン」時)。さらに連写した静止画のグループ表示にも対応する。本機は4K HDR対応で全画素読み出しによる4K動画の本体内記録、HLG方式による4K HDR撮影なども可能。プロキシー動画の同時記録や、最大40倍のスーパースローモーション機能も搭載する。

モニター部

モニターは3.0型TFT液晶を搭載。上に約180度、下に約90度の角度調整も可能。記録媒体は、メモリースティック デュオ/PRO デュオ/PROデュオ(High Speed)/PRO-HG デュオ/マイクロ/マイクロ(Mark2)、SD/SDHC/SDXCメモリーカード、microSD/SDHC/SDXCメモリーカードに対応する。

マルチ/マイクロUSB端子、Hi-Speed USB(USB2.0対応)、HDMIマイクロ端子を装備。Wi-Fi機能を搭載し、NFCにも対応する。外形寸法は101.6W×58.1H×42.8Dmm、質量は約301g(バッテリー、メモリーカード含む)。

関連記事