“PowerShot Gシリーズ”新製品

キヤノン、同社コンデジ初APS-Cセンサー搭載の新フラグシップ機「PowerShot G1 X Mark III」

編集部:小野佳希
2017年10月16日
キヤノンは、レンズ一体型コンパクトデジタルカメラの高付加価値モデル“PowerShot Gシリーズ”の新製品として、APS-CサイズCMOSセンサーを搭載したフラグシップモデル「PowerShot G1 X Mark III」を11月下旬に発売する。オープン価格だが、直販サイトでは127,500円(税抜)で販売する。

PowerShot G1 X Mark III

キヤノンのコンパクトカメラ初となるAPS-Cサイズ・有効画素数約2,420万画素のCMOSセンサーの採用に加え、新設計の大口径光学3倍ズームレンズ(24-72mm相当/F2.8-F5.6)を搭載。ミラーレスカメラ「EOS M6」「EOS M5」、一眼レフカメラ「EOS 80D」などに搭載しているAPS-Cサイズの大型センサーならではの広いダイナミックレンジや豊かな階調描写を実現したとしている。

レンズはセンサーの大型化にあわせて新設計したもの。レンズ一体型カメラならではのセンサーに最適化された大口径レンズにより、美しいボケ味を表現可能だとしている。

映像エンジンには「DIGIC 7」を搭載。同エンジンのノイズ低減処理により、静止画撮影時に常用最高感度 ISO25600の高感度を実現。また、優れた被写体検出・追尾機能を実現したという。

一方で、センサーサイズの大型化やEVFを内蔵させながらも、約115.0W×77.9H×51.4Dmm、質量約399gと、従来機種に比べて質量約27%、体積約16%の軽量・小型化を実現している。なおEVFは独自のレンズと約236万ドットの有機ELパネルによる視野率約100%のものを搭載している。

そのほか、CMOSセンサーの画素が撮像と位相差AFの機能を併せ備えた「デュアルピクセル CMOS AF」を採用。撮影画面の約 80%(縦)×80%(横)の広い範囲で位相差 AF による高速・高精度なピント合わせや、動く被写体に対してなめらかなピント追従が可能。フルHD/60pでの動画撮影時にも「デュアルピクセル CMOS AF」が駆動する。

新機能として、カメラの向きを一定の方向に振りながら連写した写真をカメラ内で自動合成する「パノラマショット」を搭載。横撮りだけでなく、縦撮りもできる。

液晶モニターは可動式でタッチ操作にも対応。水平方向約175度、前方回転約180度、後方回転約90度まで動かすことができる。

また「タッチ&ドラッグ AF」機能を搭載。EVFを覗きながら、EVF上に表示されたAF枠を液晶モニターのタッチパネル操作で移動できる。

そして電池室の開閉部、各種操作ボタン周りおよび鏡筒部にシーリング部材を組み込んでいるほか、ダイヤル回転軸などシーリング部材を組み込んでいない場所では部品間の隙間を極力小さくするよう部品を高精度化。これにより、不用意に降りかかる砂じんや水滴などが、カメラ内部に侵入することを抑制している。

Wi-Fi/NFC/Bluetoothにも対応。画像や動画の転送、リモートライブビュー撮影などを行う時のみ Wi-Fi 接続に自動で切り替わるため、バッテリーの消費を抑制できる。

Bluetooth 接続時には、カメラの電源をオフにしてカバンに入れたままでも、携帯端末からカメラ内の画像を閲覧することが可能。また、カメラとスマートフォンをペアリングすることで、スマートフォンのGPS機能を利用し、撮影画像に位置情報を付加できる。

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルデジタルスチルカメラ/静止画編集
  • ブランドCANON
  • 型番PowerShot G1 X Mark III
  • 発売日2017年11月下旬
  • 価格¥OPEN(直販サイト価格127,500円/税抜)

関連記事