14コマ/秒の高速連写に対応

キヤノン、4K/60p動画撮影対応の最上位デジタル一眼「EOS-1D X Mark II」

編集部:伊藤 麻衣
2016年02月02日
キヤノン(株)は、14コマ/秒の高速連写に対応するデジタル一眼レフのフラグシップモデル「EOS-1D X Mark II」を4月下旬に発売する。価格はオープンで、直販サイト価格は678,000円(税抜)。

EOS-1D X Mark II

本機は「EOS-1D X(関連ニュース)」の後継機にあたる同社デジタル一眼の新しいフラグシップモデル。撮像素子には自社開発の約2,020万画素、35mmフルサイズCMOSセンサーを搭載する。映像エンジンに最新の“DIGIC 6+”を2基搭載することで、高画質と高速連写性能の両立を実現したという。

従来機から備える周辺光量補正と色収差補正に、撮影時における歪み曲収差補正と回折補正を加えて、より画質向上を図った。また、RAW現像時にレンズの諸収差・回折現象やローパスフィルターに起因した改造劣化の補正を可能にする「デジタルレンズオプティマイザ機能」も搭載する。

常用ISO感度は1D X同様に最高ISO51200で、4K動画撮影時は常用ISO12800、フルレンジHD動画撮影時は常用ISO256000をサポートする。

AE/AF性能については、新開発のミラー駆動機構と“デュアル DIGIC 6+”を組み合わせることで、最高約14コマ/秒の高速連写を可能にした。ライブビュー撮影時には最高約16コマ/秒までの連写に対応する。連続撮影枚数は、高速書き込みが可能な新規格CFast2.0に対応したことで、RAW撮影時は約170枚、RAW+JPEG撮影時は約81枚まで撮影可能となっている。

AFシステムには、引き続き総即距離点数61点のAFセンサーを採用。また、測距エリアの拡大とアルゴリズムの改善により、被写体補足性能を向上させる「AIサーボAF III+」のほか、新開発の約36万画素RGB+IR測光センサーを搭載し、AF精度や感度を向上させている。

動画は4,096×2,160の4K/60p動画と、1,920×1,080/120fpsのフルHD動画が撮影可能。新たに、「4Kフレームキャプチャー機能」を搭載し、4K動画の任意のフレームを約880万画素の静止画として保存できるようになった。CMOSセンサーの画素が撮像と位相差AFの両方を行うという「デュアルピクセル CMOS AF」など、同社独自技術を採用することで撮影性能を向上させている。

記録媒体はCFカードを採用。またUSB端子に加えイーサネット端子も搭載しており、有線LAN環境があれば、撮影した画像を手軽に転送することもできる。

GPSユニットを内蔵しており、画像への位置情報・撮影時刻の記録に対応。さらに過酷な環境下での撮影にも耐えられるという防塵・防滴性能・堅牢性も備えている。

【問い合わせ先】
キヤノンお客様センター
TEL/050-555-90002
新着記事を見る
  • ジャンルデジタルスチルカメラ/静止画編集
  • ブランドCANON
  • 型番EOS-1D X Mark II
  • 発売日2016年4月下旬
  • 価格直販サイト価格:678,000円(税抜)
【SPEC】●記録媒体:CFカード、CFastカード ●有効画素数:約2,020万画素(総画素数 約2,150万画素) ●連続撮影速度:ファインダー撮影時…最高 約14コマ/秒、ライブビュー撮影時…最高 約16コマ/秒 ●動画記録サイズ:4K(4,096×2,160)、フルHD(1,920×1,080) ●液晶モニター:3.2型TFTカラー液晶モニター(約162万ドット) ●外形寸法:約158W×167.6H×82.6Dmm ●質量:約1,340g(本体のみ)

関連記事