カメラとコントロール部を分離可能

カシオ、180度全天周撮影できるセパレート型デジカメ「EX-FR200」。2台で360度映像も

編集部:伊藤 麻衣
2016年08月04日
カシオ計算機は、180度の全天周映像を撮影可能なデジタルカメラ「EX-FR200」を9月中旬に発売する。価格はオープンだが、65,000円前後での実売が予想される。

EX-FR200

本製品は、カメラ部とディスプレイ付きコントローラー部を分離できるセパレート型デジタルカメラ“Outdoor Recorder(アウトドアレコーダー)”にラインナップされるモデル。円周魚眼レンズを採用し、一度のシャッターで周囲の空間180度を撮影できることが最大の特徴だ。

180度の全天周映像

そのほかにも、レンズを上向きにして撮影し、周囲(水平)を切り出して展開して360度パノラマ映像を生成する機能を搭載。ワンシャッターで360度パノラマ撮影ができる。さらに、レンズの撮影範囲から中央部分をトリミングし、画角を生かした対角208度の超広角映像を撮影できるモードも搭載する。

360度パノラマ撮影時のイメージ


対角208度の超広角映像も撮影可能

なお、本機のカメラ部「EX-FR200CA」のほかに、従来モデル「EX-FR100」のカメラ部「EX-FR100CA」も単体で発売される。価格はともにオープンだが、EX-FR200CAは50,000円前後、EX-FR100CAは35,000円前後での実売が予想される。1つのコントローラーで2つのカメラを操作できるため、異なる視点からの同時撮影にも対応。本製品EX-FR200とEX-FR200CAを組み合わせれば、360度(180度×2)の全天球撮影も可能になる。

360度(180度×2)全天球撮影のイメージ

そのほかの機能面では、一定間隔で静止画や動画を自動撮影することで、アクティビティの最中でもハンズフリーのながら撮りができる「インターバル機能」。肉眼ではとらえられない速い動きを240fpsで撮影できる「ハイスピードムービー」を搭載する。

撮影した全天周・全天球映像は、スマートフォンに転送することでアプリ「EXILIM ALBUM」から歪みを補正したり分割表示したりできる。複数の視点から同時に見ることで臨場感を味わったり、全画面表示で撮影時には見えなかったものを新たに発見するなどの楽しみ方も可能とアピールしている。

映像を確認する際は、スワイプ操作のほか、スマートフォンの向きや傾きに応じて表示エリアが移動するなど、直感的な操作に対応。また、同アプリ内で作成したアルバムを元に作成できるタイムライン表示やムービーコンテンツをSNSで共有することもできる。

連携アプリには、全天周映像の再生・編集・書き出しができるPC用アプリ「EXLIM 360 Viewer」、撮影した映像をBluetooth経由でスマートフォンに自動転送できるようになる「EXLIM Connect」なども用意されている。

【問い合わせ先】
カシオ お客様サポート
TEL/0570-088902

関連記事