5,000lmの4K機で世界最小・最軽量

キヤノンから4K LCOSプロジェクター「4K500ST」。レンズに赤ライン、約600万円

編集部:風間雄介
2016年01月12日
キヤノンは、業務用向け“パワープロジェクター”の新製品として、4Kプロジェクター「4K500ST」を4月中旬に発売する。価格はオープンだが、約600万円前後(税抜)の販売が予想される。

キヤノンの4Kプロジェクター「4K500ST」

輝度はフルパワー時で5,000ルーメンで、コントラスト比は2,500対1。同社では5,000ルーメンの輝度を実現した4Kプロジェクターとして、世界最小・最軽量であることをアピールしている。サイズは470W×175H×533.5Dmm、質量は約17.6kg。

投写デバイスは4,096×2,400画素のLCOS。これを3枚使用した3 LCOS方式となる。解像度はQFHDの3,840×2,160、4Kデジタルシネマの4,096×2,160を上回っている。

投写デバイスは4,096×2,400画素のLCOS

これに自社開発の高性能な映像エンジンを搭載。フルHDから4Kへのアップスケーリング処理も搭載している。遅延も少なく、4K動画を再生する際の入力/遅延を約1.0フレームに抑制している。

4K映像を鮮明に表示するため、レンズも高性能なものを搭載した。12群16枚の新開発短焦点ズームレンズを装備。ズーム倍率は1.3倍、F値は2.6。

外径79mmの研削非球面レンズを含む大口径非球面レンズ2枚、UDガラス2枚を使用している。高性能レンズを搭載したことで映像の画素ずれやゆがみを抑えた。また上下方向±60%、左右方向±10%のレンズシフトも行える。

こういった高いスペックのレンズを搭載したことをデザインでもアピール。同社のデジカメ用交換レンズ、EFレンズのなかでも最高水準の性能を追究したモデル「Lレンズ」のデザインを模して、一本の赤いラインが施されている。

なお、複数のプロジェクターの映像をつなぎあわせて表示するエッジブレンディング機能をあらかじめ内蔵している。そのほか、画素単位より小さな色ずれを 0.1 画素単位で電気的に補正する「サブピクセル補正」機能も備えている。

【問い合わせ先】
キヤノンお客様相談センター
TEL/050-555-90071

関連記事