約2,420万画素COMSセンサーを搭載

キヤノン、AF性能を向上させたミラーレス一眼「EOS M3」

ファイル・ウェブ編集部
2015年02月06日
キヤノンは、AF性能を向上させたミラーレス一眼カメラ「EOS M3」を3月下旬より発売する。

EOS M3
ボディ ¥OPEN(直販サイト価格56,800円)
18-55レンズキット ¥OPEN(直販サイト価格71,800円)
ダブルレンズキット ¥OPEN(直販サイト価格85,800円)
ダブルズームキット ¥OPEN(直販サイト価格96,800円)

EOS M3(ブラック・EF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STM装着時)

EOS M3(ホワイト・EF-M22mm F2 STM装着時)

本機は2013年12月に発売された「EOS M2」の後継機種で、約2,420万画素のCMOSセンサーと同社最新の映像エンジン DIGIC 6を搭載。解像感の高い画質と最高約4.2コマ/秒の連写性能を両立したとしている。常用ISO感度100〜12800(拡張ISO25600)の高感度性能も備える。

ライブビュー撮影および動画撮影時のAFは「ハイブリッドCMOS AF III」に進化し、撮影シーンによっては位相差AFのみでの合焦が可能になった。これにより従来機と比較してAF合焦速度が最大で約3.8倍に高速化している。

操作性にも配慮し、直感的操作が可能な電子ダイヤルや、ダイレクトに露出を変更することが可能な独立した露出補正ダイヤルを搭載。液晶モニターはチルト式で、上方向に約180度、下方向に約45度可動する。

約236万画素の液晶を採用した視野率約100%の外付け電子ビューファインダー「EVF-DC1」(別売)が利用可能で、シャッタースピードなどの設定情報をファインダー画面上に表示することもできる。外形寸法は約110.9W×68.0H×44.0Dmm、質量は約319g(本体のみ)。

なお、EOS M3のホワイトカラーに合わせて「EF-M22mm F2 STM」(2012年9月発売)のシルバーバージョンを新たに追加する。価格は30,000円(税抜)。ガラスモールド非球面レンズ1枚を採用し、画面周辺部まで高解像度を実現する。外装に金属部材を採用している。

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルデジタルスチルカメラ/静止画編集
  • ブランドCANON
  • 型番EOS M3
  • 発売日2015年3月下旬
  • 価格¥OPEN(直販サイト価格56,800円・ボディ)
【SPEC】●ラインナップ(直販サイト価格):「ボディ」¥56,000、「18-55レンズキット」¥71,800、「ダブルレンズキット」¥85,800、「ダブルズームキット」¥96,800 ●撮影素子:CMOSセンサー(ハイブリッドCMOS AF III対応)、総画素数 約2,470万画素 ●有効画素数:約2,420万画素 ●記録媒体:SD/SDHC/SDXCメモリーカード ●液晶モニター:3.0型TFTカラー液晶モニター、約104万ドット ●外形寸法:約110.9W×68H×44.4Dmm ●質量:約366g(本体+バッテリー+メモリーカード含む)

関連記事