コンセプトは「カワイイ!」

富士フイルム、10代20代女性をターゲットにしたインスタントカメラ「チェキ」新モデル

senka21編集部
2012年09月13日
富士フイルムは、撮ったその場ですぐにプリントが楽しめるインスタントカメラ「チェキ」の新商品「instant mini 8」を発表した。11月9日から発売する。価格はオープンだが、8,000円前後での販売が予想される。

ターゲットとなる10代20代の女性に向けてプロモーションも積極展開。人気の青文字系雑誌で活躍中のモデルをメインビジュアルに起用、商品コンセプトである「カワイイ」をアピールする。

発表会冒頭で、チェキへの思いについて語った同社イメージング事業部長・山元正人氏は、デジタルカメラやスマートフォンの普及により「撮る・残すが身近になった今こそ、プリントして手に取る価値が見直されている」とチェキの存在感をアピール。1998年に世界初のカードサイズのインスタントカメラとしてデビューした「チェキ」は、デジタルカメラ全盛の今日においても根強い人気を誇り、日本のみならず、韓国や中国などアジアでも人気が急上昇している。同社では今年度、ワールドワイドで対前年度比40%増となる160万台の出荷を予測している。

韓国や中国などでも人気の高まる「チェキ」。ひとつの“コミュニケーションツール”として捉えられ、写真店や量販店のみならず、コスメショップ、書店、携帯電話ショップ、バラエティショップ、コンビニエンスストアなど様々な業態で販売されている

今、チェキがこれだけ受けている要因を、山元氏は「若い世代には、撮ったらすぐに写真ができることが、新しいコミュニケーションツールとして受け取られている」と分析。そこで、チェキによる新たな写真の楽しみ方を、新しい世代へもっとアピールしていきたいという思いを込めて商品化されたのが、10代20代の女性をターゲットとした今回の新商品「instax mini 8」だ。


撮ったその場ですぐにプリントが楽しめる「チェキ」の仕組み。フィルムと現像液とプリントがオールインワンで構成されている。出来上がるまでの時間やメッセーが書き込める余白もコミュニケーションツールとしての重要な要素だ
新商品のコンセプトは「世界でいちばん“カワイイ”カメラ」。10代・20代女性へ事前にアンケート調査を行い、「ホワイト」「ブラック」「ピンク」「ブルー」「イエロー」の5色のカラーバリエーションが決定された。

現行のスタンダードモデル「instax mini 7s」との比較で体積を約10%小型化し、女性にも扱いやすいコンパクトデザインを実現。両手をフリーにできるネックストラップの取り付けも可能にした。明るさ調整ダイヤルをレンズ周りに配置して操作感を向上。「ちょっとしたカメラマン気分も味わえる」とアピールするのは、商品説明を行った同社イメージング事業部担当部長・坂田憲彦氏。プリクラなどでも写真を飛ばして撮ることが多いことから、明るくソフトな雰囲気の写真が簡単に撮影できる「ハイキーモード」も新たに搭載した。

新商品「instax mini 8」が加わり、従来のパーティユースやカメラ女子に加え、さらに幅広い層へアプローチしていく

プロモーションも、「商品コンセプトでもある“カワイイ”をキーワードに積極的に展開していく」と語る富士フイルムイメージングシステムズ(株)代表取締役社長・小島正彦氏。メインターゲットとなる10代・20代女性に対し、「チェキ」の認知度をさらに高めていくため、店頭での“驚き”“発見”で注目度を高めていく。

パッケージデザインに工夫を凝らし、人気の青文字系雑誌で活躍中のモデルを5つのカラーそれぞれに起用。チェキで実際に撮影したものをメインビジュアルに起用し、「カワイイ!」を具現化した。なお、撮影は「チェキにはコミュニケーションがとれる楽しさがある」と魅力を語る、世界で唯一のチェキフォトグラファー・米原康正氏。

実際に「チェキ」で撮影した写真をパッケージのメインビジュアルに。パッケージの裏面も写真で埋め尽くして楽しさをアピール

「チェキ」シリーズではさらにこの秋、人気のあるパーティユース向けに、ハロウィンシーズンをイメージした限定カラーモデル「チェキ mini 25 オレンジフィルムセット」(オープン価格。実勢予想価格1万円前後)を9月20日に発売。また、子育てママ層に対し、赤ちゃんを1日1枚のチェキで撮影し、プリントして残すことを習慣化してもらうことを提案する「チェキmini 25 BABY BOX」(オープン価格。実勢予想価格1万3000円前後)を同じく9月20日に数量限定で発売する。

強力な新商品を加えたチェキシリーズで、富士フイルムは「イメージングの世界、フォトライフをさらに楽しくワクワクさせていきたい」(山元氏)と写真の持つ楽しさと魅力をアピールしていく。

もっと幅広いお客様にチェキの魅力を伝えていきたいという思いが込められた充実ラインナップ

関連記事