小型・軽量筐体にEVF搭載

パナソニック、センサー出力60コマのミラーレス一眼“LUMIX”「DMC-G5」

ファイル・ウェブ編集部
2012年08月23日
パナソニックAVCマーケティング ジャパン本部は、ミラーレス一眼カメラ“LUMIX”の新モデル「DMC-G5」を9月13日に発売する。ボディカラーはエスプリブラック/シェルホワイト/ソリッドシルバーの3色を揃えている。

「DMC-G5」

・「DMC-G5」(ボディ)
    ¥OPEN(予想実売価格80,000円前後)
・「DMC-G5X」(電動標準ズームレンズ付属)
    ¥OPEN(予想実売価格105,000円前後)
・「DMC-G5W」(標準ズーム/新望遠ズームレンズ付属)
    ¥OPEN(予想実売価格110,000円前後)

ボディ本体の外形寸法は119.9W×83.2H×70.8Dmm、質量は約396g(バッテリー/メモリーカード含む)と小型・軽量な、マイクロフォーサーズマウント採用のミラーレス一眼カメラ。コンパクト設計だが約1,605万画素の Live MOSセンサーと新開発のヴィーナスエンジンを搭載し、画質を高めた。

AFの高速化も実現し、使い勝手を向上。さらに連写性能も高め、カメラ内の連写シーケンス処理改善を行った結果、6コマ/秒(16メガ)、電子シャッター20コマ/秒(4メガ 4:3時)の連写も可能だ。

動画機能では、60コマ/秒でのセンサー出力に対応。動画は、新開発のヴィーナスエンジンによって高効率圧縮記録が可能で、AVCHD Progressive(1920×1080/60p)」での撮影にも対応した。

そのほか本体には約92万ドットのフリーアングル型液晶モニターのほか、約144万画素のカラー液晶ビューファインダーも装備。TTL調光内蔵のポップアップ式内蔵フラッシュも備えている。

持ちやすさや使い勝手の部分でも工夫を施した。グリップ形状を工夫し、手に馴染みやすいエラストマー素材を採用したほか、電動ズーム操作や露出補正操作に活用できるファンクションレバーなどを備えている。記録メディアはSDXCメモリーカード / SDHCメモリーカード / SDメモリーカード(UHS-I対応)が使用できる。

そのほか同社は、マイクロフォーサーズ用の望遠交換レンズ「H-FS45150」も発表。45-150mm(35mm判換算 90-300mm)で約200gと小型・軽量ながら高い描写力を実現した。

マイクロフォーサーズ用の望遠交換レンズ「H-FS45150」

レンズにはインナーフォーカス方式を採用。超高屈折率UHRレンズ1枚、非球面レンズ2枚を含む、9群12枚構成の光学系によって高性能化、静音・高速AFを実現したという。

【問い合わせ先】
パナソニック お客様ご相談センター
TEL/0120-878-365
新着記事を見る
  • ジャンルデジタルスチルカメラ/静止画編集
  • ブランドPANASONIC
  • 型番DMC-G5
  • 発売日2012年9月13日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格80,000円前後)
【SPEC】●有効画素数:1605万画素 ●センサー:3/4型総画素数1831万画素 高感度Live MOSセンサー ●記録媒体:SDXCメモリーカード / SDHCメモリーカード / SDメモリーカード(UHS-I対応) ●外形寸法:119.9W×83.2H×70.8Dmm ●質量:約396g(バッテリー/メモリーカード含む)

関連記事