HOME > ニュース > ソニー、光学10倍ズームでタッチ対応の“Cyber-Shot”「WX170」

10倍ズームで世界最小・最軽量

ソニー、光学10倍ズームでタッチ対応の“Cyber-Shot”「WX170」

2012/07/24 ファイル・ウェブ編集部
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
ソニーは、コンパクトデジタルカメラ“Cyber-Shot”「DSC-WX170」を8月3日に発売する。価格はオープンだが3万円前後での販売が予想される。

“Cyber-Shot”「DSC-WX170」

カラーバリエーションはブラック/ピンク/ホワイト/ゴールド

25-250mmの光学10倍ズームレンズを搭載。光学10倍ズームレンズ搭載モデルとして世界最小・最軽量を実現した。さらに今回はタッチ操作にも対応し、「高倍率+タッチ操作」を特徴としてアピールしていく。

撮像素子は有効1,820万画素の裏面照射型CMOSセンサー“Exmor R”を搭載。光学10倍ズーム意外にも、20倍の全画素超解像ズームも利用可能。さらに光学式手ブレ補正機能や新・手ブレ補正ズームも備えている。

撮影モードでは、ISO 12800まで対応の「プレミアムおまかせオート」が利用可能で、3D静止画も撮影可能など、WX100とほぼ同等だが、3Dスイングパノラマ撮影、3Dスイングマルチアングル撮影は3D静止画撮影が行えることから、本機では削除された。なおピクチャーモードには、イラスト調と水彩調が追加されている。

ディスプレイは3.0型ワイドで解像度は92万ドット。新たに感圧式のタッチパネル操作に対応した。タッチ操作でピント合わせが行えるタッチAFが利用できるほか、写真をアレンジするペイント機能も備えている。

感圧式タッチパネル操作に対応

横から見たところ

記録メディアはメモリースティック PRO デュオ/PRO-HGデュオ、SD/SDHCメモリーカード。

本体下部のバッテリーとメモリーカードスロット

HDMIミニ端子も装備

動画はAVCHDのフルHDに対応する。記録できるのは最高1080/60i。動画時アクティブモードにも対応している。HDMIミニ端子出力も備えている。

本体色としてブラック/ピンク/ホワイト/ゴールドの4色を用意している。

本体外形寸法は92.3W×52.4H×21.5Dmm、質量は119g。

なお、DSC-WX専用のソフトキャリングケースとして「LCS-TWN」も8月3日に発売される。価格は3,255円(税込)。横型デザインで、スムーズに開閉できるマグネットタイプのカバーを採用し、ハンドストラップも同梱している。カラーバリエーションはホワイト/ピンク/ブラウン/ブラックの4色。

「LCS-TWN」。ホワイト/ピンク/ブラウン/ブラックの4色

カメラを入れたところ

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE